ブログ用おすすめ機材 モノレビュー

Sony ZV-1レビュー!純正グリップも紹介!Webカメラのアップデート情報追加!

ソニーから2020年6月に発売された動画機能に特化したデジカメ「ZV-1」のレビューです。

このコンデジ(コンパクトデジタルカメラの略)はVlog向けというかなりニッチな市場に向けて発売されたのですが,またたく間にヒット。

ちなみにVlogとは,動画(VIDEO)によるブログ(BLOG)コンテツのことで,YouTubeなど動画サイトの浸透によりここ数年着実に広がりをみせています。

ZV-1は,これまでソニーが培ってきた,人気コンデジの機能は網羅しつつ,新たに自撮り動画や商品レビュー用の機能を積込んだため,Vloggerを中心に一気にヒットしたのです。

では,いったいどんなところが,魅力的なんでしょうか?

ひとつひとつみていきましょう!

ZV-1がWebカメラに!最新アップデート情報は3ページ目です。

VLOGCAM Sony ZV-1 開封!

さて開封しましょう。楽しみです!

中身はシンプルです。

  • ZV-1本体
  • バッテリー
  • micro USBケーブル
  • ウインドスクリーン
  • 説明書&保証書

正面画像,遠目では分かりづらいですが,RX-100シリーズよりはプラスティック感が強めです。


背面です。Sonyで横開きのバリアングル液晶は待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか


底面にはバッテリーパックの開閉口と三脚穴



付属のウインドスクリーン(もふもふ)はシューに挿して使うことができます。取り外しもできて便利です。


インターフェイスシューを頻繁に使わないのであれば,もふもふ取り付けたままでも問題無さそうです。


「ZV-1」端子・物理ボタン類紹介

各種,ボタンチェックしていきましょう。
まず右側面。
注目はなんといっても充電給電端子(microUSB)。

30分制限もないため,USB充電器やモバイルバッテリーで給電しながらの長時間の連続撮影が可能。

まあ,なんでUSB-Cじゃないんだ!?とは思いますが。

※初期設定では高熱による撮影中断や4KやHD120fpsは5分の撮影制限があります(設定で解除可能)


上面のボタン類。

  • 大きな動画撮影ボタンが特徴的。
  • 注目は右端の背景ボケの切り替えボタン。
    動画,静止画ともに1タッチでボケ風味を切り替えられます。
    このボタンはカスタムボタン(C1)で別の機能に割り振れます。
  • 電源ボタンは,液晶を裏面して閉じることで開いたときに連動して電源ONにもなります。
  • 大きな内蔵マイク面。
    外部マイクを使わなくても,高音質で録音可能です。


背面のボタン類です

Fnボタンから呼び出せるプログラム。設定からいちいち選ばなくても一発で呼び出せるので,この機能は非常に便利。
静止画と動画モードでは呼び出せるプログラムが違います。

まず商品レビューの設定ボタンから。
人の顔が画角内にあるとなかなか商品にピントが合わないことが常でしたが,この設定ボタンは常識を変えました。
レンズから最前面の品物に最速でピントが合います。

美肌効果はバツグンで,多少のアラは隠してくれます(笑)

手ブレ補正があってこそのデジカメ
動画撮影モードでは,手ブレ補正の段階をスタンダード(並)とアクティブ(強)から選ぶことができる。
なお,手ブレ補正と商品レビュー設定は同時にONにできない。

バッテリーは,RX系などと共用できるNP-BX1。


ソニー「ZV-1」製品スペック

センサータイプ1.0型 Exmor RS CMOSセンサー
有効画素数約2100万画素
レンズタイプZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ
F値F1.8 -F2.8
画角24-70mm
NDフィルターオート/入(3段分)/切
画角(35mm判相当)84°-34°(24-70mm)
光学ズーム2.7倍(動画記録中光学ズーム対応)
モニタータイプ3.0型(4:3) / TFT LCD・タッチパネル
動画時光学式手ブレ補正光学+電子併用(アクティブモード対応)
被写体追尾トラッキング
瞳AF[静止画] 人物(左右瞳選択可)
動物, [動画] 人物(左右瞳選択可)
ISO感度ISO125-12800, Auto(ISO125-12800、上限/下限 設定可能)
動画AVCHDAVCHD: 24M FX(1,920x1,080/60i) / 17M FH(1,920x1,080/60i)
動画HDXAVC S HD:60p 50M(1,920x1,080/60p) / 60p 25M(1,920x1,080/60p) / 30p 50M(1,920x1,080/30p) / 30p 16M(1,920x1,080/30p)/ 24p 50M(1,920x1,080/24p) / 120p 100M(1,920x1,080/120p) / 120p 60M(1,920x1,080/120p)
動画4KXAVC S 4K: 30p 100M(3,840x2,160/30p) / 30p 60M(3,840x2,160/30p) / 24p 100M(3,840x2,160/24p) / 24p 60M(3,840x2,160/24p)
HFRHD:60p 50M(1,920x1,080/240fps)、60p 50M(1,920x1,080/480fps)、60p 50M(1,920x1,080/960fps)/30p 50M(1,920x1,080/240fps)、30p 50M(1,920x1,080/480fps)、30p 50M(1,920x1,080/960fps)/24p 50M(1,920x1,080/240fps)、24p 50M(1,920x1,080/480fps)、24p 50M(1,920x1,080/960fps)
Wi-Fi対応IEEE802.11b/g/n(2.4GHz帯)
Bluetooth標準規格Ver. 4.1
バッテリーNP-BX1
micro USBUSB充電・給電対応
動作スピード起動時間(約1.6秒)/
撮影タイムラグ(0.16秒)/
撮影間隔(0.41秒)
外形寸法約105.5x60.0x43.5 mm
質量約294g(バッテリー、メモリーカード含)
引用元:ソニーZV-1公式ページより

動画の連続撮影時間について

基本的に一般的なデジカメなどに見られる「30分縛り」はありません。
長時間の連続撮影は可能です。
ただし,初期状態では,本体保護の観点から高温での運用をさけるため4K並びにHD動画120psは5分という連続撮影時間の縛りが存在します。
それでも,メニューボタンから設定を変更するとその連続撮影時間の縛りがなくなります。
やり方は,MENUボタン>セットアップ2から自動電源OFF温度をクリック、標準から高温へ変更。
ただし、高温になりすぎたら勝手に電源落ちます。

「ZV-1」はどんなひとに向いているか

動画撮影時の赤く点灯するマーカー配置も自撮り時に便利

総評

動画性能 ★★★★☆
手ブレ補正はアクティブ(強)にしなければ使いづらいく,画角が少し狭くなってしまいます。
それでも商品レビューや爆速フォーカス,長時間連続撮影など素晴らしい機能満載。

静止画性能 ★★★★☆ 
内蔵ストロボ,ファインダー無しは他のRX系に見劣りしますが,F1.8からはじまる明るいレンズはそれを十分補ってくれます。
もちろん,動画,静止画ともに動物にも対応した高速な瞳AFは魅力的な機能です。

おすすめ度 ★★★★☆

※残念な点 液晶画面が大きくはないため,細部をチェックするのにファインダー無しは結構イタいです。

オールマイティな1台

ZV-1はおすすめのデジカメですが,特にYouTuberやVLOGの初心者には,ベストな選択です。
通常,一眼デジタルカメラを動画用に考えると,本体とレンズを2本程度ですぐに10万円を超えてしまいますが,この「ZV-1」なら10万円内に収まります。
しかも商品レビューモードや美肌モードなど,魅力的なプログラムが満載。

自撮り専用機として

自撮り専用機として,または自撮りを多用する旅行のお供としても最適です。
撮影画面を確認できるバリアングル液晶は動画でも静止画でも大活躍です。

静止画メインでの購入も◎

静止画メインでも,レンズやメーカーなどカメラにこだわりがない人にはおすすめできる機種です。←私もこれです
ファインダーがないこと,内蔵ストロボがないことは弱点ですが,24-70mm相当のズームレンズもF1.8〜2.8と明るいので,ちゃんとしたボケ感を演出させることもできます。
当然,搭載されている1型センサーは,スマホよりもきれいに撮れます。
また,ソニーのRX系に搭載されている瞳フォーカスは,動物にも対応し被写体にフォーカスするスピードは爆速です。
軽量コンパクトなボディにこれだけの機能があれば,大満足です。


次のページは撮影に便利な純正グリップGP-VPT2BTとステレオマイクを使って撮影テスト

次のページへ >

-ブログ用おすすめ機材, モノレビュー
-,

© 2020 デジまろブログ