Amazon ゴールデンウィーク:スマイルセール開催中

【レビュー】Ankerの新型511 Power Bankは最大30W出力のモバイルバッテリー兼USB充電器

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回紹介するのは新型となったAnker 511 PowerBank、モバイルバッテリーにも使えるUSB充電器です。

以前のモデルよりもコンパクトな形状になり、最大30W(※)というMacBook も充電可能な高出力を手に入れたことで、より使えるシーンが増えました。

※モバイルバッテリー時は最大22.5W

タブレットやパソコンなどを本気で充電したいなら10,000mAhや20,000mAhのものがイイのですが、なにせ重いしデカい。

Anker 511 Power BankならMacBookの非常用として携帯するのもアリ。

もちろんスマホ用としては十分な性能を持つUSB充電器兼モバイルバッテリー。

コンセントに突き刺してUSB充電器として使用しながら、屋外ではモバイルバッテリーとして活躍させることができます。

ちなみに前作PowerBank 511のサブ名称はPowerCore Fusion 5000でしたが、今作はPowerCore Fusion 30Wとなっています。

早速レビューしていきます!

メリット
デメリット
  • 前作よりもUSB充電器として最大30Wにパワーアップ
  • iPhone 14 Proなら1回充電可能な5,000mAh搭載
  • コンセントプラグ、ストラップの位置が調整され使いやすくなった
  • 6色展開の選べるカラバリも魅力
  • モバイルバッテリー時は最大22.5W出力でMacBook Airは充電不可。
  • ツヤツヤ部分は指紋が目立つ
  • パススルー充電は非対応
目次

製品詳細

サイズ約78 x 44 x 31mm
重さ約185g
入力AC入力:100V – 240V ~ 1.5A, 50-60Hz
USB-C入力:5V = 2.1A
出力◎急速充電器として使用時
USB-C出力:5V = 3A / 9V = 3A / 15V = 2A / 20V = 1.5A / 10V = 2.25A (MAX 30W)
◎モバイルバッテリーとして使用時
USB-C出力:5V = 3A / 9V = 2.22A / 10V = 2.25A (MAX 22.5W)
バッテリー容量5000mAh
パッケージ内容Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)
取扱説明書
18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)
カスタマーサポート
製品型番A1634N11 (ブラック) / A1634N21 (ホワイト) /
A1634N31 (ブルー) / A1634N51 (ピンク) /
A1634N61 (グリーン) / A1634NV1 (パープル)

外観

充電状況を確認できる電源ボタンがフロントに配置。

ボディはマットな樹脂部分と、ツヤあり樹脂のツートンカラー。

ツヤあり部分は、指紋と傷が目立ちやすいので、わざわざツートンカラーにしなくてもいいのでは?と思ってしまいます。

ストラップ側にUSB-Cポート。

ストラップは取り外せません。

コンセントプラグは、跳ね上げ式。

iPhone 14と比較するとサイズ感がわかりやすい。

前作Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)と比較

前作の細長タイプからすると、横幅が短くなって、よりコンパクトになった印象。

ストラップが反対側に移動。

出力が20Wから30Wに上がったことも関係しているのか、重さは12gほど増加。

外観の改良点は、ボディ形状だけでなく、コンセントプラグの位置。

横ではなく、縦方向にプラグが付いたことで、充電ケーブルを使用していても他方のコンセントを塞(ふさ)がなくなり使い勝手が向上。

ストラップがUSB-Cポート側に変更されたことで、タテた状態で使用可能になりました。

ちょっとした変更点ですが、カフェなどデスクスペースが小さい場合は便利。

前作の511 PowerBankの記事はこちら。

10,000mAh・3ポート搭載のAnker 733 Power Bankと比較。

さすがに511は小さいが、Anker 733 Power Bankはモバイルバッテリー時30W、USB充電器として最大65Wと高スペック。

どちらを購入するかはユーザーのスタイル次第。

Anker 733 PowerBankの記事はこちら。

充電性能の検証

iPhone

iPhone 14 Pro Maxがバッテリー残量15%の状態で計測。

モバイルバッテリーとしては19W付近の出力でした。

モバイルバッテリーとしての最大出力は22.5Wなので性能をしっかり引き出せていると言っていいでしょう。

USB充電器としても計測してみました。

コンセントに突き刺した途端、26.36Wに出力が上がりました。

iPhone 14 Pro Maxには十分な出力、優秀です。

Switchもついでに計測してみました。

モバイルバッテリーとして使用した場合、12W前後でしっかり充電できていました。

Switchとスマホのモバイルバッテリー兼USB充電器として活躍してくれます。

注意したいのはMacBookの充電。

手持ちのMacBook Air15インチでは、コンセントに接続した状態でも動作できず。

15インチの充電は無理。

Anker 733 Power Bankならモバイルバッテリー時でも充電可。

ただし、M2 MacBook Airは65W以上でなければ高速充電が見込めないため、30W付近での充電は使いづらいかも。

MacBook Air 15インチを使ってモバイルバッテリーとして充電が確認できたのは以下の3つ。

Anker 733 PowerBankとMATECH GanCell 10000は、USB充電器として60W以上の出力が可能。

まとめ

メリット
デメリット
  • 前作よりもUSB充電器として最大30Wにパワーアップ
  • iPhone 14 Proなら1回充電可能な5,000mAh搭載
  • コンセントプラグ、ストラップの位置が調整され使いやすくなった
  • 6色展開の選べるカラバリも魅力
  • モバイルバッテリー時は最大22.5W出力でMacBook Airは充電不可。
  • ツヤツヤ部分は指紋が目立つ
  • パススルー充電ができない

人気の高いモバイルバッテリー搭載のUSB充電器シリーズですが、Anker 733 Power Bankはコンパクト・軽量で外出先への持ち出しもらくらく。

注意点は、パススルー充電ができないことで、接続したデバイスの充電を優先し、本体バッテリーの充電は後回しとなります。

※パススルー充電とは、接続されたデバイスを充電しながら本体を同時に充電できる機能

全体的にみると、細かなところが改良され、前作よりも使いやすくなっています。

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)が気になった方は製品ページをチェックしてみてください。

【レビュー】Ankerの新型511 Power Bankは最大30W出力のモバイルバッテリー兼USB充電器

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次