【レビュー】Apple MagSafeバッテリーパックをAnker・HyperJuiceと比較

ついにAppleから純正MagSafeバッテリーパックが発売されました。

これまではバッテリー・ケース一体型のSmart Battery Caseを機種ごとに発売していましたが,iPhone12用としてマグネットによる脱着を利用したMagSafeバッテリーに進化した形です。

ただし,かなりプレミアムな価格なので,どこがどのように便利なのか,またすでに発売されているAnkerやHyperJuice製のMagSafeバッテリーとどう違うのか,比較しながらレビューしていきます。

目次

Apple MagSafeバッテリーパック製品詳細

メーカーApple
バッテリー容量1460mAh
出力ワイヤレス充電:最大5W
20W以上のUSB充電器を接続しての充電:最大15W
接続ポートLightning端子
価格11,800円(税込)
サイズ95.8 x 64.1 x 11.3 mm
重量115 g

iPhoneとの接地面は,ゴムパッドが貼られていて,iPhone側に傷がつきにくく配慮されています。

そしてワイヤレス充電MagSafeのマーク。

iPhone12 miniに取り付けています。

純正だけあって,縦横,カーブライン,さすがにピッタリです。

でもUSB-Cでいいのでは?と思ってしまいます。


バッテリーパックがiOSのシステムに認識されるには,iOS14.7へにアップデートが必要です。

ヴィジェットやシステムにバッテリーパックマークが表示されます。

これはサードパーティ製の製品にはできないこと。


iPhone内蔵バッテリーへの保護機能なのか,90%以上は充電できない使用になっています。


iPhoneを出力20W以上の充電器に接続したまま装着していると,バッテリーパックも同時に充電可能。


今度は20W以上のUSB充電器をバッテリーパックに接続。

iPhone12mini,バッテリーパック,これでも,同時に充電可能です。


乗せているのはAnker Soundcore Liberty Air 2 Pro.

通常のワイヤレスQi充電器としても稼働します。


Anker,HyperJuiceのMagSafeモバイルバッテリーと比較

サイズ

3機種とも,縦横ほぼ変わりませんが,Apple MagSafeバッテリーパックが少し大きめです。

横から見た図。

Apple純正品が一番薄いです(11.3 mm)。

容量

サードパーティ製は5000mAhなのに対し,MagSafeバッテリーパックは1,460mAhとかなり少ないです。

iPhone miniのバッテリーは2,227mAhなので,65%程度。

実際はロスもあるので50%程度の充電能力でしょうか。

ちなみに,iPhone12だと2775mAh,iPhone12 Pro Maxだと3687mAh。


充電能力

充電能力は,iPhone12シリーズに限るとAnker,Apple純正が最大5W。

HyperJuiceが最大7.5W。


価格

上記はすべて2021年7月現在の価格です。

Apple純正だけの特徴

  • 20W以上出力できるUSB充電器に接続して使うと,15W以上で充電可能。
  • システムに認識されているのでヴィジェットに表示可能。
  • Lightning端子

林檎好きのためのプレミアムなモバイルバッテリー

Apple純正のMagSafeバッテリーパックですが,純正だけの機能があるとはいえ,価格と容量が釣り合わないですね。

もちろんApple好きにはおすすめです。

バッテリーを装着してもリンゴマークは消えませんから。

ただし,注意点がひとつ。

充電ポートがLightning端子のため,iPhoneと有線接続して急速充電,なんてことができません。

急速充電のためのモバイルバッテリーではなく,あくまで1日装着しながらiPhoneを使うことを想定された商品です。

気になる方はチェックしてみてください。

本日登場した,その他のモバイルバッテリーはこちらの記事を参考にしてください。

Anker PowerCore Magnetic 5000

HyperJuice MagSafe対応マグネットワイヤレスモバイルバッテリー

Apple MagSafeバッテリーパックをAnker・HyperJuiceと比較

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる