iPhone モノレビュー

AnkerのPowerCore Magnetic 5000 MagSafe対応モバイルバッテリー をレビュー!

MagSafe対応マグネット式モバイルバッテリーが,ついにAnker(アンカー)から発売されました。

マグネット式のモバイルバッテリーはこれまでもいくつか発売されていたのですが,安心して使用できないものがほとんど。

モバイルバッテリーは,粗悪品だと最悪の場合,発火や爆発するおそれもあるため,購入の際に注意すべき点も多いのです。

  • PSEマークの取得
  • 性能に偽りがないか
  • 内蔵バッテリーの製造元
  • メーカー自体の信頼性


などなど項目をあげるとキリがありません。

今回発売のPowerCore Magnetic 5000はモバイルバッテリーの製造販売で実績のあるAnker(アンカー)製ですから,それだけでかなり安心できます。

この記事ではiPhone12 miniを使用し充電テストした結果も含めてレビューしています。

Anker(アンカー)PowerCore Magnetic 5000 製品スペック

サイズ約 93 x 63 x 16 mm
重さ約 133 g
USB-C入力5V=2.2A (最大11W)
USB-C出力5V=2A (最大10W)
ワイヤレス出力5W
容量5000mAh
マグネット式ワイヤレス充電- iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
USBポート経由の充電スマートフォン
- iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / SE(第2世代) / XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus 他
- Galaxy S20 / S10 / S10+ / S10e S9 / S9+ / S8 / S8+ 他
- Pixel 5 / 4 / 4a / 4 XL / 3 / 3 XL 他
- Nexus 6P / 7 他
タブレット
- iPad (第8世代) / iPad Air (第4世代) / iPad Pro (第4世代) / iPad mini (第5世代) 他
パッケージ内容Anker PowerCore Magnetic 5000、USB-C & USB-C ケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)、カスタマーサポート
製品型番A1619011 (ブラック)

本体正面

本体裏面

ワイヤレス充電のマークが中央に。

マグネットをあわせる位置が円で描かれています。


底面は,左から電源スイッチ,USB-Cポート,残量インジゲータ。

ワイヤレス充電の際はスイッチを押してONにする必要があります。

USB-Cポートは入出力に対応していて,最大11WでPowerCore Magnetic 5000本体を充電し,接続したスマートフォンなどを10Wで充電可能。

右のインジケーターは4つのLEDで残量を示していて,一番右の青いLEDは電源ONのサイン。



付属のケーブルはUSB-C to C。充電給電対応,全長60cmです。

軽くてコンパクト,132g。

他社製MagSafe対応モバイルバッテリーとPowerCore Magnetic 5000を比較

これまで購入したMagSafe対応モバイルバッテリーの中でサイズは一番小ぶり。

重さも数グラムの差ですが,PowerCore Magnetic 5000が一番軽いです。


比較してるモバイルバッテリーのレビューはこちらから

iPhone12miniでバッテリー性能を検証

磁石できれいにピタッとくっつきます。

小ぶりなおかげで,左右上下iPhone 12 miniからはみ出すこと無くしっかり収まります。




真横から撮影。モバイルバッテリーはどこにも干渉することなく,問題なく収まっています。


充電テスト

充電は残量5%の状態からスタート

  • 15分経過 17%
  • 25分経過 24%
  • 50分経過 40%
  • 1時間15分経過 58%
  • 1時間52分経過 80%
  • 2時間38分経過 100%

さすがに満充電になるまでかなり時間がかかりますが,1時間で50%程度なら緊急用としては十分実用範囲です。

充電結果

しっかりと満充電(100%)にできたことは評価できますが,残量はほとんど残っていない状態でした。

iPhone12 miniの内蔵バッテリーは2,227mAhなので,5000mAhもあれば余裕で満充電できるはずですが1回分しか賄えないのは残念です。

ワイヤレス充電自体,電力のロスが有線よりも多いため充電能力は50%以下になるんですね。

充電効率を上げたいなら有線接続も可

ちなみに有線なら。ロスをあまり気にせず,効率よく充電可能です。

ケーブルの所持をしなければなりませんが,現場でワイヤレスか有線か選ぶことができます。


iPhone12miniのバッテリー45%時の計測ですが,4.899V × 1.997A = 9.783W。公式どおり概ね10W出ています。

Magnetic 5000を充電する場合も同じポートを使いますが,その場合11W出力での充電となります。

MagSafe以外のワイヤレスQi充電にも対応

もちろんワイヤレス充電対応のAir Pods Proも充電可能です。


Anker PowerCore Magnetic 5000は超おすすめモバイルバッテリー!

デメリット

  • ワイヤレス充電では容量のおよそ5割程度ロスが生じること。(一般的なモバイルバッテリーは、およそ3割がロス)
  • 充電能力は5W程度のため急速充電はできない。(ケーブルでUSB-Cポートを使えば急速充電は可能)
  • iPhone12miniよりバッテリー容量が大きいサイズは満充電できない

メリット

  • マグネット式なので充電位置がずれたりしにくい
  • ケーブルレスで、かばんやポケットがスッキリ
  • 軽量・コンパクトなため緊急用としては十分



iPhone12ユーザーからするとマグネット式は非常に魅力的な製品ですが、購入の際にはメリット・デメリットをしっかり理解しておきましょう。

メリットには記載していませんが、MagSafe対応で大手メーカー製造という安心感も大きな魅力の一つです。

なお、公式では無印のiPhone12は約3時間で95%まで充電できるとなっています。

iPhone12miniユーザーの私にとってこのAnker PowerCore Magnetic 5000は、かなりヘビロテのモバイルバッテリーになりそうです。

Amazonで買い物するなら現金チャージ

※Amazon Master クレジットカードを使わないなら現金チャージが断然お得! チャージのたびにポイントが貯まります。

Amazonチャージを使ってみる

-iPhone, モノレビュー
-

© 2020 デジまろブログ