【レビュー】Apple Watch Ultraのサイズは大きいけど普段使いもOK!44/45mmバンドも使える

Apple Watch UltraのPVがかっこよすぎて、思わず購入ボタンを押してしまった管理人の『でじまろ』です。

これまでのApple Watchのラインナップは41mmと45mmの2種類。

ケースの材質による価格の幅はありましたが、機能も性能もすべて同じということでアルミケースのベースモデルで十分満足でした。

ところが今回の『Apple Watch Ultra』は新デザインに新機能が詰め込まれていて、アウトドア好きの方だけでなくガジェット好きの方にもたまらない仕様です。

早速試してみましたが、さすがAppleさん、所有欲を満たしてくれる一品に仕上がっています。

個人的なお気に入りポイントは、やはりなんといっても防水性能が上がり、本格的にダイビングに対応したこと。

逆に「うーん…」と少しがっかりしたのは、大画面になった割には、それほど文字が大きくなるわけでもなく、1画面あたりの情報量が多く表示できるわけではないこと。

数日使用したのでまずはファーストレビューいってみます。

目次

Apple Watch Ultra製品同梱品

バンドはオーシャンバンド(ミッドナイト)を選択。

同梱品はシンプル。

  • Apple Watch Ultra本体
  • USB-C急速充電ケーブル
  • 製品説明書、仕様書

説明書がカタログみたいな大きさとクオリティ。

さすが高価なことだけはあります。

充電ケーブルも、通常の樹脂製のものではく、専用の編み込みナイロン製になってます。

同時にアルパインループ(スターライト)も購入しました。

製品スペック

Apple Watch Ultra 製品仕様

製品名Apple Watch Ultra
ケース素材チタニウム
画面サイズ410 x 502ピクセル
サイズ49 x 44 x 14.4mm
重量61.3g
搭載チップS8
通信LTE, UMTS
Wi-Fi
Bluetooth 5.3

外観

右側面のボタンやセンサー

  • Digital Crown:防水ロックは回して解除でしたがUltraは長押し解除
  • サイドボタン:長押しで緊急通話やメディカルIDの表示、サイレンの実行ができます
  • 水深計:40mまでの水深を計測、水温も計測可
  • 3マイクアレイ:快適な音声通話をするため、風切り音や雑音の低減もしてくれてます

左側のボタン、センサー類

  • アクションボタン:カスタマイズで機能を割り当て可能
    はじめから割り当てられているのはストップウォッチ、一発で計測がスタート。
  • サイレン:86デシベルの音量で最大180m先まで届けます
  • デュアルスピーカー:通話、Siriのオーディオ品質が向上
  • GPSアンテナ:高精度2周波GPSが正確な位置を計測

背面は、ベージュに近いホワイトを基調にしているので柔らかいイメージ。

体と接触する中央のセンサー部分は、今回から更に多機能。

過去の排卵から周⁠期⁠記⁠録を推定してくれるのは、女性にはかなり嬉しい機能ではないでしょうか。

41mm/45mmのApple Watch Series8でも使える機能。

現行のApple Watch Series8、SEと比較

左のSeries7(45mm)はSeries8とまったく同じ外観サイズ
Apple Watch UltraApple Watch Series 8Apple Watch SE
49mm ケース45mm / 41mm44mm / 40mmm
チタニウムアルミニウム
ステンレス
アルミニウム
49 x 44 x 14.4mm
410 x 502ピクセル
396 x 484ピクセル
352 x 430ピクセル
368 x 448ピクセル
324 x 394ピクセル
常時表示
Retinaディスプレイ
最大2,000ニトの輝度
常時表示
Retinaディスプレイ
最大1,000ニトの輝度
常時表示なし
左に同じ
左に同じ
61.3g38.8g (45mm GPS)
31.9g (41mm GPS)
51.5g (45mmステンレス
42.3g (41mmステンレス
32.9g(44mm GPS)
26.4g(40mm GPS)
S8チップ
U1チップ
S8チップ
U1チップ
S8チップ
LTE, UMTS
Wi-Fi
Bluetooth 5.3
左に同じ
左に同じ
左に同じ
左に同じ
左に同じ
左に同じ
100mの耐水性能50mの耐水性能左に同じ
泳げる耐水性能
ダイビング:水深40m迄
泳げる耐水性能
泳げる耐水性能
EN13319認証
※国際ダイビング規格
水温センサー搭載水深計
IP6X防塵性能左に同じ
MIL-STD 810H準拠
ミルスペック
アクションボタンの
カスタマイズ
最大36時間
低電力で最大60時間
最大18時間使用
低電力で最大36時間
左に同じ
デュアルスピーカー
フォーミングマイク3
スピーカー
マイク
スピーカー
マイク
血中酸素アプリ左に同じ左に同じ
心電図アプリ左に同じ左に同じ
高・低心拍数通知左に同じ左に同じ
不規則な心拍の通知左に同じ左に同じ
心肺機能通知左に同じ左に同じ
皮膚温センサー左に同じ左に同じ
排卵推定の周⁠期⁠記⁠録左に同じ周⁠期⁠記⁠録
緊急SOS左に同じ左に同じ
転倒検出左に同じ左に同じ
衝突事故検出左に同じ左に同じ
高重力加速度センサー左に同じ左に同じ
2周波GPS(L1, L5)L1 GPS左に同じ
86デシベルのサイレン
最大180m先で計測可
GPS+CellularのみGPSモデル
+Cellularモデル
GPSモデル
+Cellularモデル
ファミリー共有左に同じ左に同じ
124,800円(税込)から59,800円(税込)から37,800円(税込)から

Apple Watch Ultraの使い方

オーシャンバンドの取り付け

初めてのバンドなので使い方はいまいちわかってません。

バンドのケース内に使い方が書いてあります。

この留め具が結構大事。

バネ式なので引っ張ってバンドに取り付けます。

このオーシャンバンド、アップルストアのページで見たとき、なんて穴だらけなんだ!と気になってましたが、こういう使い方をするのかと関心させられました。

もちろん、バンドの軽量化や水中で外れにくくするためでもあるでしょうが、実用性と機能性を考慮したデザインです。

ソロループやスポーツバンドと違って、装着のしやすさではなく、アクティビティ中での外れにくさが重視された設計

ソロループばかり使っていたので、これを毎日腕にセットするのは、少々めんどくさい。

ただ、普段使いには44/45mm用のバンドも使えるので、そこまで心配はしていません。

アルパインループも、留め具が外しにくい。

蒸れにくいのは、肌に当たる面積の少ないオーシャンバンドかな。

バンドは格安のサードパーティー製を狙う手もあります。

こちらはSpigen製のバンド。メタルパーツがカッコいい。

iPhoneに接続

まずiPhoneとペアリングするのはこれまでのApple Watchと一緒。

iPhoneの近くで電源を入れれば自動で認識してくれます。

これまで使っていたApple Watchからデータを移行するのも簡単。

確か昨年、2021年のときは先にSuicaカードをiPhoneに戻してからこの作業に取り掛かった記憶があります。

今回からは移行作業時、勝手に(自動で)iPhoneにSuicaカードが戻されてました。便利になった。

作業完了!

ワンナンバーサービス

これまでGPSモデルしか使ったことなかったのですが、せっかくなのでahamoのワンナンバーサービスを契約。

メイン回線の電話番号をそのまま使えて、iPhoneと離れてApple Watch単体で運用できる便利な契約。

iPhoneのApple Watchアプリ>モバイル通信を設定から、契約までできます。

なんて便利!

契約完了。

すぐに使えます。

契約画面では、dアカウントのID、パスワードが必要です。

確認しておきましょう。

腕に装着

早速腕に装着。

お、大きい…

手首の写真で見るとかなり大きく見えますが、全身ミラーで見てみると悪くないです。

というか最高です。

女性には確かに大きく感じるでしょうが、小柄な人が選んではダメなんてことはないので、気になるなら絶対量販店やアップルストアで試着をおすすめします。

Series7/8と比較

左はSeries7。2022年発表のSeries8と外観はまったく同じ。

比べてみてなんですが、確かに大きくはなったし、文字サイズも大きくなりましたが、そこまで感動はないですね。

もっと劇的な表示サイズの大型化を期待していたのですが残念。

画面端には余白があるので、アプリの改良や専用文字盤の追加でもっと変わるかもしれません。

ケース61g、オーシャンバンド込み96gは、結構ずっしり。

普段使うバンドは45mm用を流用するかもしれないので付け替えてみました。

Series7もUltraも、完全に互換です。ピッタリ。

ちなみにですが、Ultraのディスプレイのほうが白っぽいのは、色が悪いのではなく明るいからです。

直射日光の下でもキレイ。

Digital Crownの大きさはかなり違います。

オレンジのアクションボタンとスピーカーホールも特徴的。

直線的で大きなUltraに比べて、シンプルなSeries 8が都会的でミニマルです。

水深計と水温センサー

海にいったら画像を追加したいのですが、とりあえずお風呂に入れてみました。

Watch appから設定>一般>自動起動>水中にいるときをONにしていれば水に入れたら、瞬時に水深計が起動。

海が好きな人にはたまらない機能。

ボクはスキンダイビングを楽しむことが多いので水深計は必須ではありませんが、スキューバの方は特にうれしいかも。

ダイビングコンピュータって重いし高価なのです。

Apple Watch Ultra 1台で普段使いもダイビングもできるなら、逆に安いですね。

肝心のダイビングアプリはまだ公開されていませんが、待ち遠しすぎます。

Ultraの最大深度は40mとなってますのいで、一般的なダイビングには対応していると考えてよいです。

ディープダイビングというスペシャリティライセンスを取得していれば40mまで潜水可。

ビギナーなら最大でも12メートルほどなので、Apple Watch Ultraでも余裕の対応です。

100m防水性能について

※Apple Wach Ultraには100m防水が記載されてますが、あくまで静止した状態で沈めた場合の防水性能。

実際は気圧の変化や、海流、泳ぐときの水圧で100mまでは潜れません。

最大深度40mが記載されているのは良心的。

Apple Watch Ultraは買いか?

おすすめポイント
残念ポイント
  • ギミックがいっぱい
  • バッテリー持ちが最大60時間(低電力)
  • 本格的なダイビングに対応
  • 専用バンドはつけにくく外れにくい
  • 価格が高い
  • 大画面だけど表示情報はそれほどかわらない

防水、潜水性能に特化した製品なので、おすすめかと言われれば、「普通の暮らしには必要ない」となってしまいます。

ただし、ガジェット好きの心をくすぐるギミックがいっぱいの製品なので、欲しいと思えば迷わず手に入れてください。

海好き、アウトドア好きの方には、もちろんおすすめの製品です。

注意点は、専用バンドは過酷な状況でも外れにくい設計のため、装着時にはひと手間かかります。

慣れればそこまで大変ではないです。

日常使いする予定なら慌ててバンドを追加購入するのではなく、まずは手持ちの44/45mm用のソロループやスポーツループバンドも試してみましょう。

サードパーティー製のオーシャンバンド、アルパインループ、トレイルループも安いながら品質も悪くないのでなかなかおすすめ。

今回購入したApple Watch Ultra、個人的にはとても満足、早く海に持っていきたい!

Apple Watch Ultraのサイズは大きいけど普段使いもOK!44/45mmバンドも使える

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次