Amazon ゴールデンウィーク:スマイルセール開催中

全身レザー BROSKI AND SUPPLYのリュックFROK IIがMacBook Airにおすすめ

当ページのリンクには広告が含まれています。

オールレザーのリュックにMacを入れてかっこよくカフェにでかけたい。

そんな妄想を実現するために、本革のリュック/バックパックBROSKI AND SUPPLY FORK IIを購入してみました。

革製品ってとても魅力的なんですが、ネックになるのは価格。

本物のレザーリュックとなると、かなり高価なことが多いです。

しかし、このBROSKI AND SUPPLY(ブロスキ アンド サプライ)のリュックはかなり良心的な価格。

もちろん作りは一級品、しかも防水レザー。

今回はBROSKI AND SUPPLY(ブロスキ アンド サプライ)のリュック FORK IIを実際にM2 MacBook Airなどを収納してレビューしていきます。

BROSKI AND SUPPLY(ブロスキ アンド サプライ)とは

BROSKI AND SUPPLYは株式会社マニファクチャーの手掛ける2016年に立ち上げられた防水レザー製品に特化したブランド。
本社は日本の東京にあり、バングラディシュに生産ラインを持っています。

目次

BROSKI AND SUPPLY FORK II 製品詳細

FORK IIは、前作FORKを現代にあわせてコンパクト化。

加えて収納力や背負心地も改善されています。

【全体サイズ】
・幅:28cm
・高さ:41cm
・マチ:15cm
・容量:17.2ℓ
・重量:1180g

【仕様】
・ロールトップ型リュック
・素材:防水本革(牛革)

【外装】
・メインコンパートメント
・フロントポケット×2
・サイドポケット(メインコンパートメントへアクセス)
・サイドポケット(ドリンクホルダー・折り畳み傘)
・上ポケット

【メインコンパートメント内装】
・PCスリーブ(16インチまで収納可能)×1

特徴

  • 防水加工された牛革
  • ジッパーはすべてYKK止水ファスナーで雨を完全ガード
  • 4層構造の頑丈なショルダー
  • US軍規格パーツを使用したハーネスストラップ
  • ロールトップなので荷物が増えたら20Lから30Lに拡張
  • サイドからメイン気室にアクセス可能
  • 背面は多重構造のエンボスパットを採用し、ムレに強く重さを分散

オールレザーというリッチな大人素材に実用性の高いパーツが組み合わさっていて、かなり魅力的。

年齢のストライクゾーンも広そう。

外観

牛革はしっかりした厚みがあり高級感があります。

外見の大きさはアークテリクスのグランヴィル Zip 16に近いです。



背面は、凹凸がはっきりしていて、クッションも良好。

長時間の徒歩でも疲れない・ムレない仕様。

もう少し落ち着いたデザインが良かったかな。



手提げスタイルも可能。

重さは実測1250g、カタログ値は1180g。

天然レザー素材のため、このサイズのリュックとしては、どうしても重め。

右隅には有線ケーブル用のホールがあり、充電ケーブルや有線イヤホンケーブルなどを通すことが可能。



トップにある浅めのポケットには、バッテリーやDAPを収納できる。

このトップポケットからケーブルを外へ配線して使います。

デメリットというか心配なのは、せっかくの防水仕様なのに、ケーブルを伝って水滴が浸入してきそうなこと。

もちろんトップポケットは防水性の高い素材で仕切られているので、他のポケットへの影響はなさそう。

雨の日には、ケーブルを通さないのが吉。

個人的にボクは使わないかな。


両サイドのサブポケットは互い違いになっていて、別々の気室なのでアイテムを分けて入れられる。

メインの開け方は、両サイドの留め具(バックル)を外すだけなんですが、2ヵ所外すという行為が面倒。

実は、両サイドにメインポケットにアクセスできるファスナーがあるので、そこまでストレスはない。

ロールトップ部分は、3箇所のマジックテープ。

内張りは防水性の高いナイロン素材で安心。

見にくいですが、内部のPCポケット。

ネオプレン素材の収納スペースは底面から数センチ浮いていて、パソコンを衝撃から守ってくれます。

左サイドの止水ファスナーを開くとメイン気室にアクセス可能。

いちいちトップを開かなくてアクセスできるので、カメラの取り出しなど、とても便利。

ノートはB5までならスムーズに出し入れできます。

A4は厳しい。

右サイドもメインポケットにアクセスできますが、内側にはポケットがあり、ペットボトルや折りたたみ傘入れにちょうどいい。

ポケットに使われているネオプレン素材は保冷性、クッション性も高い。

コンデジを入れるのも悪くないかも。

ポケットを外側に配置して収納できるところも秀逸。

バックパックを固定させたいときや自転車移動には欠かせないチェストストラップ。

4層構造のショルダーは、かなりしっかりした作りで固め。

PCを入れると身体にフィットしてくれる。

M2 MacBook Airを収納してカフェ装備

いつもの装備品を収納してみます。

思ったよりも多くなってしまいました。

  1. M2 MacBook Air
  2. ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 3
  3. iPad mini6
  4. Anker 655 USBハブ
  5. Apple ポリッシングクロス
  6. ミラーレス一眼:富士フイルム X-S10
  7. AC一体型モバイルバッテリー:SMART COBY Pro PLUG
  8. Anker FLOW USB-C to C 絡まないケーブル
  9. Anker FLOW USB-C to Lightning ケーブル
  10. iPhone 13 Pro
  11. tomtocガジェットポーチ
  12. AirPods Max
  13. 財布・名刺入れ
  14. マグボトル REVOMAX 2

最近のお気に入り

最近のお気に入りのアイテムを少し紹介。

Apple ポリッシングクロス

外出先では、モニターに光が映り込む環境も多く、ホコリが付着していると気になってしまいます。

そんなときAppleのポリッシングクロスは、ホコリや指紋をキレイに拭き取ってくれるので、必ず持ってでかけます。

CIO SMART COBY Pro PLUG

CIOのSMART COBY Pro PLUGはいわゆるAC一体型モバイルバッテリーなんですが、USB-C単ポートで30Wの高出力。

最近M2 MacBook Airを持ち出す機会も増えて、大活躍です。

Switch, iPad, iPhone, MacBook Airなんでも充電できるすごいヤツ。

小さいガジェットやケーブルはポーチへ

FORK IIの収納力は非常に高いのですが、オーガナイザー的な小物用のポケットはないため、ガジェットは一旦ポーチに収納するのがおすすめ。

MacBookシリーズはすべて飲み込める

M2 MacBook AirだけでなくMacBokPro 16インチも収納可能。

今回使用したメインPCのレビュー記事です。

すべて収納してもスマート

FORK IIにカフェ装備をすべて収納しましたが、スッキリボディ。

素晴らしい。

FORK IIを背負ってみる

身長176cmが背負ってみました。

思ったほど厚みが無くてスッキリしてるはうれしい誤算。

本物レザーはやっぱり存在感あります。

ロールトップの利点

ロールトップの最大の利点は、想像以上に荷物を詰め込めること。

例えば、2泊分で衣類が増えてしまっても大丈夫。

全く問題なく、寝袋まで収納できます。

BROSKI AND SUPPLY FROK IIの評価

おすすめポイント
残念ポイント
  • 天然牛革なのに良心的な価格
  • 防水加工されたリアルレザー
  • 内部素材含め防水性能が高い
  • 高品質なYKK止水ファスナー
  • MacBook Pro 16インチまで対応
  • 作りが丁寧
  • サイドからメインにアクセス可能
  • 天然皮革のため、重量は1kgオーバーと少し重い
  • 背面パットのデザインがごちゃごちゃしている
  • 背負ったまま使えるシークレットポケットもほしい

残念ポイントも上げていますが、今のところかなり気に入ってます。

なによりレザーのリュックを背負ってるという感覚が所有欲を満たしてくれます。

この記事を読んで、BROSKI AND SUPPLYが気になったら、チェックしてみてください。

BROSKIには、たくさんの種類のレザーバッグがあるのも魅力です。

MacBook Air/Proにおすすめのリュック/バックパックのまとめ記事はこちら

全身レザー BROSKI AND SUPPLYのリュックFROK IIがMacBook Airにおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次