アークテリクス グランヴィル Zip 16にMacBook Proを収納!Granville Zip 16 レビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。
【レビュー】アークテリクス Granville Zip 16

今回紹介するのは、軽量でミニマルなデザインなのに使い勝手も考えられたリュック/バックパック。

Arc’teryx(アークテリクス)のGranville(グランヴィル) Zip 16 Backpackです。

名前にもあるように容量は16L相当のリュック/バックパックなのですが,これがよく入るんです。

実際に使用しているサイズ感としては20Lクラス。

余計なパーツを省き,薄く軽くを目指した結果でしょう。

薄く軽量なバックパック/リュックは,衝撃に弱いパソコンやガジェットの収納には不向きなことがほとんど。

そのため,パソコン用として購入するのはウレタンやパッドをふんだんに使った,重量が1kg以上のバックパック/リュックになりがち。

しかし,このGranville(グランヴィル) Zip 16は違うんです!薄くて軽いのにガジェットを保護してくれるんです!

それではじっくり紹介していきます。

目次

Granville Zip 16 バックパック製品詳細

  • ブランド:Arc’teryx (アークテリクス)
  • 製品名:Granville Zip 16 Backpack (グランヴィル ジップ16 バックパック)
  • 型番: 18792
  • サイズ:(幅)約31.0cm (高さ)約50.0cm (マチ)約17.0cm
  • 容量: 16L
  • 外側:ファスナーポケット×2 (内側キーフック×1)
  • 内側: ファスナーポケット×1 、オープンPCポケット×1(MAX15インチPC) 、オープンポケット×1
  • ファスナー:止水ジップ
  • 素材: ナイロン、ポリウレタン
  • ※新型は始祖鳥マークが下部にあります。

通勤・通学中の急な雨は困りもの。

防水仕様の表地に加え止水ファスナーを装備しているのはうれしい。

外観レビュー

ミニマルな外観。アークテリクスの始祖鳥マークがアクセント。

裏面です。チェストストラップは自転車に乗るときや重めの荷物を背負うとき,パックの横揺れを制御できるので便利。

ストラップホールに付け替えて位置を6段階調整可能です。

両サイドには、ドリンクホルダー的なポケットはありません。

ジッパーはすべて止水ファスナーを使用。

本体生地は撥水加工、内部も止水テープでつなぎ目が補強されている雨の日も安心の防水仕様


トップのセンターポケットは、かなり深め。

赤いナイロンテープにキーリングが付いています。


500mlのペットボトルが余裕で入ります。

かなり使い勝手のよいポケット。


グランヴィル Zip 16の中で一番使うのがサイドポケット。

収納力もバツグンで,ジャケットなども余裕で入ります。

リュックを降ろさず,前に回すと簡単にアクセスできるところもグッド。

上部のジッパーはメイン気室へ通じています。

メイン気室内部。

ノートPCポケットとA5サイズのメッシュポケットがあります。

サイドポケットに直接アクセスできる横開きのジッパーもあり。

PCスリーブポケットは、パッド入りでパソコンやタブレットなどを保護。

スリーブポケットの最下部はバックパックの底面よりも持ち上がっていて、地面や床からの衝撃が直接伝わらない設計になっています。

薄い超軽量バックパックなのに安心して使えるのはこのデザインのお陰。


ショルダーベルトは、軽量タイプにありがちなペラペラタイプではなくパッド入り。

ゴツさはありませんが、しっかりとした厚みと幅が確保されていて、背負いやすい。

グランヴィル Zip 16に愛用品を収納してみる

Arc'teryx Granville Zip 16 とMacBook Pro 13インチ

画像は普段持ち歩く愛用品たち。

実際に収納してみます。


まずはMacBook Pro 13インチから。余裕。

MacBook Proの16インチ,15インチはかなりギリギリですが入ります。

プロテクターなど付けているなら、PCポケットではなく,メインポケットへ。

それなら余裕で収納可能。

もしメインポケットでPCやタブレットを収納するなら,衝撃に備えて必ずインナーケースに入れて使いましょう。

M1/M2 Max MacBook Pro 14インチもM2 MacBook Airも収納できるPCをポケット。


メインポケットに仕事道具を詰め込むとこんな感じ。

  • ガジェットポーチ
  • 名刺入れ・財布・ペン×2
  • MacBook Pro 14インチ or M2 MacBook Air
  • iPad Pro 11インチ

パーカー1枚くらいは追加で収納できます。

iPad Pro 11を最背面に入れていますが,この使い方があっているかどうかは不明。

スマートフォリオに入れて使えば問題ない使い方です。

ただし、無理せずそのままメイン気室に詰め込んでもOK。

ガジェットポーチは現在tomtocの大きめサイズを使ってます。

iPad mini も収納できて意外と便利。




トップにあるサブポケット

  • サングラス
  • キーケース
  • Air Pods Pro 2

かなり入りますが,入れすぎると上部だけが重くなりバランスが取りづらく不安定になるのでご注意を。

iPhone 14 Pro Maxも収納可能。

意外に大容量なサイドポケット(メインポケットのジッパーからアクセス可能)

  • マウンテンパーカー
  • デジカメZV-1&シューティンググリップ

すべて収納できました。

しかもどのポケットもまだ余裕ありです。

アークテリクスGranville Zip 16を背負ってみる

自転車乗るときはこれくらいのフィット感ですね。

タウンユースなら10cmくらい下げた感じかな。

サイドからはこんな感じ。

ごちゃごっちゃと紐が垂れ下がってるようなアウトドアっぽさはないミニマルなたたずまい。

MacBook Pro / Airユーザーに全力でおすすめできるバックパック

おすすめ度 ★★★★★

MacBook Pro 14インチやMacBook Airを持ち歩くために2年間使ってますが,不満は全くありません。

決して多くはないポケットの数ですが,シンプルな分,使い方を自分流にアレンジできるため満足度は高いです。

外側のドリンクホルダーや、セキュリティ(隠し)ポケットがどうしても欲しい方には不向きなので、アロー22など他のバックパックを検討してください。

アークテリクスのリュック/バックパック,(グランヴィル) Zip 16のレビューでした。

普段から移動が多く,持ち物は少しでも軽量化したい!という方にはドンピシャのバックパックです。

以上「アークテリクス Granville(グランヴィル) Zip 16にMacBook Proを収納!」でした。

グランヴィルにお目当てのカラーがなければこちら【MANTIS マンティス 16】もおすすめ。

使いやすさで男女問わず安定の人気。

MacBook Pro 14インチやM1/M2 MacBook Air なら余裕で収納。






【レビュー】アークテリクス Granville Zip 16

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次