【レビュー】Echo Dotは時計付きが最高|Bluetoothスピーカーとしても使える

我が家のAmazon Echoデバイスも4台目。

今回はパソコンデスク用にEcho Dotの時計付きを選んでみました。

Echo Dotは液晶ディスプレイのないタイプなんですが,選んだ理由を書き出すとこんな感じ。

Echo Dotを選んだ理由
  • デスクに時計が欲しい
  • 液晶ディスプレイ無しのほうが作業に集中できる
  • 充電検証などに音声タイマーやアラーム機能を使いたい
  • そのうち,エアコンも自動化したい
  • iPhoneの音声ファイルをBluetoothで飛ばしたい

ディスプレイ付きのEcho Showは,画面のタッチ操作や様々な情報表示のほか,テレビ電話機能などできることは多いのですが,デスクに置くならシンプルに限ると勝手に思ってます。

Echo Dot時計付きの導入を考えている方,Echo Show 5とどちらにするか悩んでる方など,当記事を参考にしてみてください。

目次

Echo Dot 第4世代 時計付き製品スペック

今回購入したのは,トワイライトブルーという色。

ほかにグレーシャーホワイトがあります。

製品名Echo Dot第4世代 時計付き
ブランドAmazon
スピーカーサイズ1.6インチ
ディスプレイLED 7セグメント x 4桁
外部接続3.5mmライン出力
WiFiデュアルバンド
802.11a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
Bluetoothスマホなどと接続可
外部スピーカーとも接続可
ただし,PINコード要求の機器は不可
ACアダプター15W
サイズ(球体)100 x 100 x 89 mm
重量338g

外観

本体上部の後方には,ボタンが4つ配置。

  • +/ー:音量調整
  • マイクオフ
  • アクションボタン:アレクサ呼び出し/長押しでインターネット設定

背面。

(左)AC電源ポート,(右)3.5mmステレオジャック

底面には,滑り止め用のシリコンゴムが全体に貼り付けられています。

サイズ比較してみた

ジョージアの500ml コーヒーボトルと比較。

高さは約半分。

Echo Show 5と比較。高さはほぼ変わらず。

サイズで選ぶというより,やはり液晶ディスプレイが必要かどうか。

  • Echo dot:直径100mm×100mm×高さ89mm
  • Echo Show 5:幅148mm x 奥行73mm x 高さ86mm

『Echo Dot 第4世代 時計付き』のセットアップ

電源を入れると,勝手にセットアップ開始。

Amazon Alexaアプリが,スマホで入手できていれば,自分(Amazon アカウント)の端末としてWiFi設定までインストールされます。

特に面倒な作業はないので楽ちん。

Echo DotがはじめてのAlexa端末なら,電源を入れる前に,スマホでAlexaアプリを入手してログインまで済ませておきましょう。

赤いイルミネーションのときは,アップデート中なのでしばらく待機。

Alexaアプリの設定

もし,Echo Dotが自動でアプリに追加されなかった場合,下段「デバイス」の項目から右上の「+」で「デバイスの追加」から連携させることができます。

追加したEcho Dotをグループごとに管理するなら,「グループを追加」から,2階やリビングなど好きなグループを作成。

あとは作成したグループを選択すれば,デバイスの追加からEcho Dotを選択できます。

Echo Dotで出来ること

タイマーのカウントダウン表示中

液晶ディスプレイがないため,出来ることはEcho Showシリーズよりも少ないですが,購入前からわかっていたことなので個人的には満足。

  • 時計表示
  • 実行中のタイマーや音量(数値)なども表示
  • アラーム機能
  • 天気,Amazon配送などの情報読み上げ
  • エアコンやライトなどスマートホームスキルとの連携
  • Bluetoothスピーカーとして活用
  • その他,Alexaスキルをインストール可能

Bluetoothでスマホのスピーカーとして使いたい

Echo Dot の便利な使い方に,スマホのスピーカーとして音声を出力する機能があります。

音声データの確認作業や,スマホの音声をちょっといい音で鳴らしたいときにも,Bluetooth接続を使えばかんたん便利。

Bluetoothは,別の使い方として,ほかのワイヤレススピーカーと接続して音楽を飛ばすこともできます。

  1. Alexaアプリ画面から左上のEcho・Alexaを選択
  2. 今回使う「Echo Dot」を選択
  3. Bluetoothの接続から「デバイスを接続」
    ↓下へ続きます↓
  1. ペアリングモードを確認したら,スマホのBluetoothの設定画面へ
  2. 「Echo Dot-AG4」を選択すると接続完了
  3. Alexaアプリに移動すると,スマホ(iPhone)の接続確認できます

シンプルなのがお気に入り

デスク右奥に配置してみました。

なかなか,シンプルでイイ感じ。

普段はデジタル時計として活躍してくれればそれでOK。

Echo Dot 第4世代 – 時計付きを購入した感想

おすすめポイント
残念ポイント
  • デジタル時計表示が,シンプルでグッド
  • タイマーのカウントダウンが表示可能
  • Alexa端末として液晶表示以外はすべてこなせる
  • 液晶付きのEcho Show 5もセールなら5千円切るので悩みどころ

ブログをやっていると,充電速度など,どうしてもタイマーで計測しなければならないことが多のですが,途中で忘れたり,来客があったりで,ついつい終了時刻を忘れてしまいがち。

カウントダウンも表示してくれるので,購入してよかったです。

ただし,天気情報は,目で見れるEcho Showシリーズが便利。

動画コンテンツの再生や曲の選定,レシピ表示などできることは液晶付きが圧倒的。

天気など,情報の読み上げはEcho Dotでも可能。

Alexaデバイスは,液晶なしから大画面 15.6インチのタブレット型まで,様々な形状のものがラインナップされているので,自分の好みで選ぶのがベスト。

購入のタイミングは,Amazonプライムデーなどビッグセールを狙うと,かなりお得ですが,ほしいと思ったら速攻買うのもアリです。

数千円の値引きのために数ヶ月待つかどうかは,人それぞれ。

気になったらまずはチェックしてみましょう。

比較にしたEcho Show 5はこちら

Echo Show8とEcho Show5の比較レビュー記事

ワイヤレスイヤホンなのにAlexaデバイスとして機能するEcho Buds 2の記事

Amazonで買い物するなら現金チャージ

Amazon Master クレジットカードを使わないなら現金チャージが断然お得!
チャージのたびにポイントが貯まります。

【レビュー】Echo Dotは時計付きが最高|Bluetoothスピーカーとしても使える

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる