Amazonブラックフライデーは11/26(金)-12/2(木) まずはエントリー!

SwitchにおすすめヘッドセットBarracuda X!MacもAndroidもテレワークも!

LAZERから発売中の使い勝手抜群のヘッドセット『Barracuda X』。

ゲーミングワイヤレスヘッドセットとなっていますが,テレワークにだって使えます。

しかもWindows,Mac,Android,そしてSwitch(スイッチ)などプラットフォームを選ばずワイヤレスで接続可能です。

接続は専用のUSB-Cドングルを使います(有線可)が,無線2.4Ghでの通信のため遅延は皆無。

開封3日目ですが,かなりお気に入りです。

このまま,良いところだけをレビューしてもいいのですが,購入を考えてる方の参考にならないので,不満点も含めて紹介していきます。

目次

Razer ワイヤレスゲーミングヘッドセット Barracuda X 製品スペック

メーカーRAZER(レイザー)
周波数特性20 Hz ~ 20 kHz
ドライバーサイズ直径 40 mm
ノイズキャンセリングパッシブノイズキャンセリング(※)
接続タイプ2.4GHZ ワイヤレスおよび 3.5mm有線(付属1.5m)
バッテリー持続時間20時間
バーチャルサラウンド7.1 サラウンドサウンド( Windows 10 64 ビットでのみ )
マイク(着脱式)・単一指向性
・周波数特性:100 Hz ~ 10 kHz
・マイク感度 (@1kHz) :-42 ± 3 dB
互換性・PC (ワイヤレス、有線)
・PlayStation (ワイヤレス、有線)
・Nintendo Switch (ワイヤレス、有線)
・Android デバイス (ワイヤレス、有線)
・Xbox (有線)
Mac, iPad OSも使用可能(当ブログで検証)
重量本体:254g(実測)
マイク:11g(実測)
内包物・本体
・マイク
・充電用USB-C to A ケーブル
・ドングル延長USB-C to A ケーブル
・3.5mm有線ケーブル
・2.4Gh無線USB-Cドングル
・説明書
・RAZERシール
※パッシブノイズキャンセリングは密閉して物理的にNCする技術。効果はいまいちです。
ゲーム中や音楽再生中は確かに外部の音は聞こえにくくなりますが,密閉型なので当たり前。

なかなか軽くて良いのですが,プラスチック感がイヤという方もいます。

長時間使うなら軽いに越したことはないのですが,好みですね。

Barracuda X ヘッドホン外観

シックでマットな外観。大人には好印象(笑)


ゲーミングヘッドホンという分類なんでしょうが,いたってシンプルな外観,そして奇抜な蛍光色もなくマットブラック一色全然仕事で使えます。

ハウジング部分にレイザーのマークが刻印。

光の反射でかろうじて分かる程度でかなり控えめ。

アーム部分には『RAZER』の刻印。

一番主張しているパーツですが,真上から見ないかぎり気づかれることはありません。

イヤーパッドは,多少柔らかさはありますが,押し込むとしっかり反発してくる感じです。

分類としては密閉型なのですが,ゲームなどで長時間の使用でもある程度蒸れないように浅いメッシュ素材になっています。

用途は違いますが,SONYノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4のイヤーカップとかは,ソフトタッチでピッタリくっつくので夏場とかかなり蒸れるんですよね。

ヘッドバンド部分のパッドはPUレザー調で弾力性のあるクッション素材。

長時間使用していても,ストレスはなく,なかなか快適です。

操作ボタン,接続ポートはすべて左のイヤーカップに集約されています。

操作機能

・電源
・音量コントロール
・マイクのミュート切り替え
・トラックの再生/一時停止
・着信応答または通話の終了
・トラックのスキップ、前のトラック

接続端子

・専用マイク端子
・3.5mm有線
・充電用USB-C


Barracuda Xはドングルが超優秀

Barracuda Xの売りは,なんといってもこの超優秀なドングル

USB-Cポートさえあれば,ドングルを挿すだけでほとんどの機器に無線接続できます。

しかもBluetoothではなく2.4Gh無線接続なので遅延はほぼ皆無。FPSだって問題ありません。

ゲーミング用なのでWindowsに接続できるのは当たり前として,家庭用ゲーム機『Swith』や『PS5』でも使えます

当然Androidスマートフォンでも使えます。ドングルを挿すだけ。

スマホのゲームでBluetoothイヤホン使って遅延気にするくらいなら,2.4Gh無線接続のBarracuda X使ったほうがノンストレス。

こちらの組み合わせもOK。

iPadでゲームする方もいるはず,もちろんzoomなどのリモート会議でも活躍するのでAppleユーザーには一番の組み合わせかも。

さらにMacBookもドングル挿すだけ。

OSに縛られず,複数のプラットホームで使えるのはすごいことです。

MacBook Airにてマイクも確認済み。ちゃんと使えます。

搭載されているRazer HyperClear カーディオイドマイクは,背景のノイズも除去してくれるのでクリアな声を相手に届けてくれます。

マルチに使えるヘッドセットを探しているならBarracuda Xがおすすめ

今回様々な接続機器で検証してみましたが,ことごとく使えたのにはびっくりです。

音質については,40mmドライバを積んでいることもあり,この価格帯でもしっかり表現してくれます。

ドンシャリ傾向ですが,FPSゲームで足音を拾ったり,OPムービーを鑑賞したりするには必要なチューニングかと。

音楽も十分楽しめます。

ただし,やはりゲーミングヘッドセット,7.1chのバーチャルサラウンドをセッティングできるんですが,使えるのはWindows 10 64bitのみ。

Macはゲーマー用ではないので仕方ありません。

その他の不満点は書き出すとこんなところ

Barracuda Xの不満点

・長時間使用するのを想定しているなら,もう少し側圧が抑えられている方がよかった。
・Win/Macだけでもイコライザーなどのカスタマイズアプリが欲しい
・バッテリー残量をLEDランプではなく音声か,アプリで知りたい


さすがにWindowsのガチゲーマーに,おすすめできませんが,私は開封してまだ3日ですが,かなりお気に入りです。

Switchのヘッドセットをお探しの方,Macユーザーでリモート用ヘッドセットをお探しの方,マルチプラットフォームで使えるBarracuda Xは購入候補に入れていても損はないでしょう。


通勤や外出先で使うノイズキャンセリングヘッドホンならSONY WH-1000XM4

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる