ソニー WH-1000XM4 ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンをBOSEと比較レビュー

2年ほど前からBose ノイズキャンセリングヘッドホン 700Cの愛用者で飛行機や新幹線のお供として非常に気に入って使っていました。

ただ,ガジェットのレビュアーとして,評価の高いWH-1000XM4もしっかり聴いておいたほうが今後の検証のためにも間違いないだろうというこで,今更ながら購入。

もともとは一世代前のWH-1000XM3を使用していて,そこからさらに進化してるということで性能の高さはよくわかっていました。

今回は,SONY WH-1000XM4とBose Noise Cancelling Headphones 700の音質,性能を比較して実際のところ使いやすいのはどちらなのか検証していきます。

目次

ソニー ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4製品詳細

メーカーSONY(ソニー)
型式密閉型
ドライバーユニット40mm ドーム型(CCAWボイスコイル)
充電時間約3時間(フル充電) (1.5AのACアダプター使用時)
充電方法USB-C 充電
電池持続時間(連続再生時間)最大30時間(NC ON時),最大38時間(NC OFF時)
電池持続時間(連続通話時間)最大24時間(NC ON時),最大30時間(NC OFF時)
電池持続時間(待受時間)最大30時間(NC ON時),最大200時間(NC OFF時)
周波数特性4Hz-40,000Hz
音声入力端子ステレオミニジャック
通信方式Bluetooth標準規格 Ver.5.0
最大通信距離見通し距離 約10m
Bluetoothプロファイル・A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)
・AVRCP(Audio Video Remote Control Profile)
・HFP(Hands-free Profile)
・HSP(Headset Profile)
対応コーデックSBC, AAC, LDAC
伝送帯域(A2DP)20Hz – 20,000Hz(44.1kHzサンプリング時) /
20Hz – 40,000Hz(LDAC 96kHzサンプリング,990kbps 時)
重量252 g(実測)
442 g(ケース・付属品込み)
付属品・充電用USB-C to Aケーブル
・キャリングケース
・航空機用アダプタ
・有線ステレオケーブル(1.2m)
・取扱説明書/保証書

ハイレゾ規格のコーデックLDACに対応しているのが楽しみですが,iPhoneでは試せないのが残念。

androidスマホを注文したので,後日検証です。

モバイルケースには充電ケーブル,有線ケーブル,航空機用プラグそして本体を収納可能。

最近はめっきり使う機会が少ないですが,航空機用のプラグまで付属しているのはうれしいです。

イヤーパッドは柔らかくて,goodです。

ヘッドバンドのクッションはイヤーパッドより硬めですが,装着してみると圧迫感もなく心地よいです。

装着の向きを間違えないよう,赤マークがR(右)グレーマークがL(左)。

視認性はまずまずです。

下部には左にイヤホンジャック,右に充電用USB-Cポート。

物理ボタンは左耳に2つ。

WH-1000XM4物理ボタン操作


・電源ボタンは長押しでON/OFF
・上側のCUSTOMボタンは,基本セットがノイキャンと外音取込み,通常モードの切替

※電源が入っている状態だと横にあるインジゲータ=が光ります。

右側のイヤーカップ部分ではタッチ操作が可能。

WH-1000XM4 スワイプ操作一覧

・ダブルタップ:再生/通話ONOFF,音量調節,曲送り戻し。
・スワイプ上下:音量調整
・前にスワイプ:次の曲へ
・後ろにスワイプ:前の曲へ


充実した機能と高性能アプリ

アプリと連動した多彩な機能は,他社を圧倒しています。

カスタマイズ機能

・アクティブサウンドコントロール(場所や行動を自動で検知してノイズキャンセリングの強さなどを制御)
・マルチペアリングの有無や登録機器の選択
・自動電源ON/OFF(はずした状態が一定時間で電源OFF)
・装着感知機能のON/OFF(感知して再生停止)
・スピーク・トゥ・チャット(ユーザーが声を出したら外音取込みモード)
・イコライザーカスタム
・DSEE Extreme(CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリング)

ここが残念

アクティブサウンドコントロールは,ふと歩いたり,止まったりでも発動するので,そのたびに聴き入っている音楽が途切れるのはイヤです。私はOFFにしてます。

比較Sony WH-1000XM4 vs Bose Noise Cancelling Headphones 700 

外観

WH-1000XM4はオーソドックスな形。未来感があるのはBOSE NC700。

ヘッドバンドのアームの調整は,SONYが使いやすいです。

BOSEはアイディアとデザインはいいのですが,イヤーカップを滑らせて調整するのがイマイチやりづらかったです。


ケース

ケースはBOSEが少し大きめですが,その分薄いのでバックパックに入れたりするのは楽です。

BOSE NC700はレザー調でかっこいいです。

SONY WH-1000XM4のケースはファブリック生地,落ち着いた印象で好感が持てます。

音質

画像はBose Noise Cancelling Headphones 700

音質はWH-1000XM4の方が音の輪郭がしっかりしていて音楽や映画への没入感は高いです。

以前使っていたWH-1000XM3よりも明らかに性能が向上しています。

BOSE NC700は,どちらかというとまろやかな味付け。

聴いている音が仕事や勉強のじゃまをしないように配慮している感じ。

機内で仕事をしている人がBOSEを装着しているのをよく見かけます。

ただ,両機種ともイコライザーである程度自分好みにカスタム可能です。

ノイズキャンセリング・外音取込み機能

ノイズキャンセリング性能は同等です。どちらも電車・飛行機などの低域,高域の雑音をしっかり取り除いてくれます。

外部音取り込み機能はWH-1000XM4の方が聞き取りやすいです。

取り込まれる音をかなり大きく再現します。少しデジタルっぽい?

通話品質,マイク性能はBOSEの方がほんの少し自然でした。

どちらもクリアな声を届けてくれます。

装着感

頭の大きさなど個人差があるので,良い悪いはいえませんが,私はWH-1000XM4の方が締め付け具合も優しく耳の収まりも良かったです。

ただし,イヤーカップはBOSEの方が大きいので大柄な方はSONYよりBOSE NC700の方が収まりがいいかも。

WH-1000XM4に乗り換えるのか?

今回,WH-1000XM4をBOSE NC700と性能比較しながら検証しましたが,想像以上に良いワイヤレスヘッドホンでした。

音質もワイヤレスとしては十分で,解像度の高さからくる没入感と音の楽しさを感じることができます。

アプリの機能,本体の操作性も完成度が高くXM3からかなりの進化。

イマイチな残念ポイントは,途中でも触れましたがアクティブサウンドコントロールは,すごい機能だけど要らないです。

聴いてる音楽がプツッと一瞬切れて切り替わるのは違和感が。

もうひとつは,3万円以上するのに,全面プラスチック感が漂ってるのは所有欲が満たされない感じがしました。

と残念ポイントも上げましたが,2021年現在,販売されているノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドホンの中ではトップクラスの性能です。

購入してがっかりすることはないでしょう。

私は仕事しながら聴くことが多いので,音質柔らかめのBose Noise Cancelling Headphones 700も使いながら,音楽を楽しみたいときはSONY WH-1000XM4を活用するスタイルでしばらくやっていこうと思ってます。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる