【レビュー】WH-1000XM5発売!XM4やAirPodsMaxと比較|音質は?ノイキャンは?

SONYのノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドホン【WH-1000XM5】が発売されました。

最初に驚いたのは5万円という価格。

レビューするかどうか悩みましたが,YouTuberからの評判も高かったので,購入してAirPods Maxや旧機種WH-1000XM4と比較してみました。

結論からいうと,『WH-1000XM4を持っているなら買わなくていい』です。

とはいえ,旧機種に比べて,音質やノイズキャンセリング性能は確かに上がっているので買い替えや新規購入で損をするようなことはありません。

あくまで,ボクがレビュアーでなければ購入しなかったかな,という個人の見解なので評価は参考程度にしてください。

早速開封していきます。

目次

SONY WH-1000XM5製品詳細

開封

箱は竹やサトウキビに加え,リサイクル紙を使用したエコパッケージ

化粧箱もなく,内部のスポンジ系の保護材も無しのプラスティックレス。

質素に見えますが,これはこれでステキ。

■同梱品

  • ヘッドホン本体
  • 携帯ケース
  • 3.5mm 有線ケーブル
  • USB-C to A 充電ケーブル
  • 説明書・保証書ほか

航空機用のアダプタがないのですが,最近の国際線は3.5mmジャックをそのまま挿せることがほとんどなので,よほど古い機体に搭乗しない限り要らない。

製品スペック

ブランドSONY(ソニー)
ドライバー30mmドライバー
電源充電式リチウムイオン電池
充電時間約3.5時間
充電方法USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間)最大30時間(NC ON時)
最大40時間(NC OFF時)
電池持続時間(連続通話時間)最大24時間(NC ON時)
最大32時間(NC OFF時)
周波数特性4 Hz – 40,000 Hz
音声入力端子3.5mm ステレオミニジャック
通信方式Bluetooth 5.2
出力Power Class 1
最大通信距離10m
使用周波数帯域2.4GHz帯
(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応コーデック SBC, AAC, LDAC
対応コンテンツ保護SCMS-T
伝送帯域(A2DP)20Hz-20,000Hz(44.1kHz sampling)
20Hz-40,000Hz(LDAC 96kHz sampling 990kbps)
機能アクティブノイズキャンセリング
外音取込み機能
マルチポイント対応
360 Reality Audio認定モデル
発売日2022年5月27日
ソニーストア価格49,500円(税込)

製品外観

携帯ケースにスッポリ収まっています。

ケース内部のサイドは,ハウジング部分を保護するため,内側の衝撃吸収材でプロテクトされています。

内側には,ケーブル類を収納できるスペース。

フタの部分はマグネットになっていて,取り出しやすい。

ケース不用時は,少しだけ高さを縮めることができます。

WH-1000MXM5本体。

今回からバンド部分の折りたたみができなくなっています

形状は,賛否あるでしょうがWH-1000XM4よりも個性があって好き。

ハウジング内は,キメの細かいメッシュ素材で覆われていて内部は見えません。

イヤーパッドは,前作よりさらに柔らかくなっていて,フィット感もさらに良くなってます。

触ってるだけで気持ちいい。

L/Rはヘッドバンドの内側に印字。

ヘッドバンドのクッションの硬さは,旧作とおなじくらい。

ただ,内側も外側もバンド全体がなめらかな素材で覆われていて,全体的なバンドの肌触りがやさしい感じ。

左のカップに付いている操作ボタン。

物理ボタンは2つだけで,音量操作などは,タッチ・コントロール。

右カップはUSB充電端子のみ。

マイクは片側に4つ,両方で8つ搭載。



フィット感は素晴らしい。

密閉型なので仕方ないですが,夏場はムレが気になります。

使い方

ペアリング

まずはアプリ『Sony Headphones Connect』をApp StoreまたはGoogle Playから入手してペアリングに進みます。

電源ボタンを2秒長押しでON。

iPhoneやAndroidのBluetooth設定から『WH-1000XM5』を選択すると簡単に接続完了。

アプリの操作

操作関連は,すべてチュートリアルに含まれています。

ここをしっかり見ておけばすべてを把握できます。

状況に応じて,本体のバージョンアップもしておきましょう。

本体操作は基本タッチセンサーによるコントロール。

音量の調整までできるので便利ですが,個人的には物理ボタンのほうが使いやすいかな。

感度は悪くないのですが,スワイプする場所がずれていて認識してくれないこともあるので,ミスが多めになるのはイヤ。

ハウジング部分を手で覆って外音取込みに切り替えられるクイックアテンションモードは便利。

クイックアクセスは,カスタマイズして動作を割り当てられます。

物理ボタンでノイズキャンセリングと外音取込み(アンビエントサウンド)の動作を割り振れます。

スピークトゥチャット機能は,相手が会話を始めた途端,音楽が停止して外音取込みモードに移行します。

声が聞こえなくなって一定以上経過すれば,音楽再生に戻ります。

便利なんですが,不意に発動することもあるので,ストレスになる場合も。

機能をOFFにすることも出来ます。



ノイズキャンセリングはオートで強さを切り替えてくれるのですが,手動で変更できないため,「常に最強のANC」みたいな設定ができないのが不満。

歩く・走るなどの行動や指定した場所でANCを自動で切り替えることも可能。

ただ,多くの人がそこまで面倒な設定をして使うかどうかは微妙。


サウンドのタブでは,ANCの切り替えや外音取込み時のボイスフォーカス(声を聞き取りやすくする)の有無を設定。

イコライザーはプリセットだけでなくカスタムも可能。

システムのタブでは,より細かな設定をおこなうことができます。

マルチペアリングの設定もここでONにすれば,あとは2台めの機器から接続するだけ。

ただし,マルチペアリングをすると,音質優先モードではなくなります。

特にLDACコーデックでの接続はマルチペアリングが使えないのでご注意を。


サービスのページは,アクティビティーの計測など健康に配慮した項目になっています。

正直Spotifyの設定(クイックアクセス)以外は使わないかも。

WH-1000XM5と先代WH-1000XM4を比較

製品WH-1000XM5WH-1000XM4
ドライバー30mm40mm
ノイズキャンセリング
特に中音域強化
通話品質 4つのマイクとAI2つのマイク
電池持続時間(NCオン)30時間30時間
電池持続時間(NCオフ)40時間38時間
急速充電(クイック)10分で5時間10分で5時間
急速充電(PD)3分で3時間×
質量(g)250254
Bluetooth通信方式(ver.)5.25.0
その他Google Fast Pair対応(※)
Spotify Tap対応
音声アシスタント
音声アシスタント

※Google Fast Pairは,Android専用アプリ。
機器を近づけるだけでペアリングできる機能やデバイスを探す/鳴らす機能があります。




ヘッドバンドの調整は旧作XM4はカチカチッと段階で伸縮できますが,新作WH-1000XM5は無段階調整。

ある程度の硬さもあるので,勝手に伸びたり縮んだりはなさそう。

折りたたみができるXM4とアームを伸ばしたまま収納するXM5。

個人的には,折りたためていた旧作の形状が良かった。

デザインはWH-1000XM5のほうが好み。

ケースの大きさも全然違います。

ケース込みだとWH-1000XM4が431g,WH-1000XM5が538g。

本体は数グラム軽くなったのに,ケース込みだとXM5のほうが100gも重くなってしまうのは,なんだかモヤモヤ。

音質は?

低域が強めなのは,どちらも同じ。

XM5になり低音域が旧作よりも締まった音になりました。

全体的にも,解像度は少し上がってます。音数が多い場面では,雑味が取れてクリアな印象。

ノイズキャンセリングは?

XM4に比べて,中音域が抑えられています。

ただし,XM4も強力なANC性能を保有しているので,感動するほどの進化はナシです。

通話性能は?

通話用マイクが2つから4つに増えているので,より自然になりました。

XM4も聴き比べなければ,十分高性能。

WH-1000XM5に買い換えるべき?

WH-1000XM4を持っているなら,買い替えは慎重に。

もちろん,XM5になって音質や性能は進化していますが,1.5万円ほど値上げされ,5万円の価値があるかと言われれば微妙。

旧作XM4をセールなどで2万円台で購入できるのであれば,そちらのほうが断然コスパがいい。

WH-1000XM5 vs AirPods Max

Appleのノイズキャンセリング搭載ワイヤレスヘッドホン「AirPods Max」とも比較してみました。

  • 解像度はAirPods Maxが圧倒的
  • 音質は好みの問題,WH-1000XM5は低域重視,AirPods Maxは高音中音重視
  • アクティブノイズキャンセリングは,接戦だけど,ほんの少しWH-1000XM5が上
  • 外音取込み機能は,AirPods Maxが圧勝
  • フィット感はAirPods Maxが上だけど重い,長時間使用ならより軽量なWH-1000XM5

音質や解像度がAirPods Maxに勝てないのは,値段の差もあるので仕方ない感じ。

ただし,AirPods MaxはApple端末でしか真価を発揮できません

AACコーデックに最適化されているし,空間オーディオや接続端末のシームレスなやりとりもApple端末限定。

しかもAppleによるAirPods Maxの低域を強調しない音作りは,完全に好みが分かれるところ。

対してWH-1000XM5はAndroidならハイレゾ相当のコーデックLDACで音楽が楽しめるし,空間オーディオの360 Reality Audioも使えます。

マルチポイント対応でMacとAndroidを同時に接続することも可能なところも大きな強み。

そう考えると,AirPods MaxよりもWH-1000XM5を買うメリットはかなりありますが,2つを比べて,やっぱり気になるのは見た目(※デザインの好みは置いといて)

ハウジングにも金属を使い,高級感のあるAirPod Maxに対して,プラスチック感の強いWH-1000XM5はどうしても見劣りしてしまいます。

約5万円という価格で購入するのだから音はもちろんですが,所有欲も満たして欲しいと感じました。



WH-1000XM5は買うべき?

おすすめポイント
残念ポイント
  • 低音強めだけど,バランスの取れたサウンド
  • 前作よりも解像度がアップ
  • ノイズキャンセリング性能は世界最高水準
  • 長時間装着しても疲れないフィット感
  • 音質,ANC性能ともにアップしたが,実感としてはマイナーチェンジ程度
  • 価格差を考えるとXM4の方がコスパがいい
  • 見た目の高級感がもう少し

1週間ほどリスニングして導き出した答えは「WH-1000XM4で十分」ということ。

2万円弱も値上がりした割には,性能の進化が乏しいのが痛い。

ただし,ノイズキャンセリング搭載のワイヤレスヘッドホンとしては,間違いなく業界トップクラスの音質と性能なので旧作WH-1000XM4を所有していないのであれば『買い』の製品。

金額的に購入を躊躇するのであれば,WH-1000XM4の購入もアリ。十分高性能なワイヤレスヘッドホン。

それでも,新型WH-1000XM5のデザインのほうが好きというのであれば,購入もアリ。

個人的には,Appleのエコシステム(機器同士のシームレスな連携)の呪縛から逃れられないためAirPods Maxを継続使用する予定。

今回の比較やレビューが気になったら,各製品をチェックしてみてください。

WH-1000XM4はこちらです

比較に使ったAirPods Max

WH-1000XM5は買い?AirPods MaxやWH-1000XM4と比較してみた

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる