【レビュー】MOFT Cooling Standは冷却効果付き!持ち運びのノートパソコンスタンドはこれがおすすめ!

当ページのリンクには広告が含まれています。
MOFT Cooling Standは冷却効果付きノートパソコンスタンド

ノートパソコン用スタンド研究家のでじまろです。

これまでいろいろなモバイルスタンドを試してきましたが、ある意味ひとつの最終形ともいえる製品に出会いました。

それが今回紹介の『MOFT Cooling Stand

瞬時に2段階の高さ調整、冷却効果の高い素材を使用、しかも薄くて軽い。

これはもう購入して試してみるしかありません。

ということで、しばらく使ってみましたが、排熱ファンの付いていないMacBook Airにはベストチョイスでした。

早速レビューしていきます。

目次

ノートPC用スタンド MOFT Cooling Stand製品概要

内包物は、MOFT Cooling Stand本体と、製品説明書のみ。

製品スペック

サイズ170*224*3.1 mm
重量約92g
調整角度15°/25°
耐荷重5.0kg
洗浄耐性50回
貼付耐性100回
原材料改良ヴィーガンレザー
グラフェンパウダーホットプレート
グラスファイバーボード
マンガン鋼板
磁石
PUナノトレース接着剤

説明書の裏に使い方が書いてあります。

使い方より、まず貼る位置を間違えないようにしないと、場合によってはグラついてしまいます。

MacBook Airを含めほとんどのノートPCは背面奥に貼り付け。

排熱処理のための吸気/排気口が貼り付け位置にあるノートパソコンは、スタンドでふさいでしまわないよう気をつけましょう。

製品外観

表面に使われているヴィーガンレザーは改良版という名にふさわしい仕上がり。

  • 耐摩耗性:1000回
  • アルコールシートでの摩擦耐性:1000回
  • 擦傷耐性の向上
  • 日常生活下での変色への耐性
  • 油性ペン以外の拭き取りテスト合格

上記の説明で、かなり高品質高耐久だということがわかります。

ノートパソコンに貼り付ける背面部分。

中央に記載されているパーツ部分がGraphene/グラフェンパウダーホットプレート。

シート状物質のグラフェンは熱伝導率が銅の10倍を誇り、熱くなったパソコンの熱を効率よく奪い取ります。

MOFTのおこなった実験では、MacBook Proを稼働させ50℃あたりで測定したところ、平均で-5℃、最高-10℃引き下げています。

ボクはMacBook Airをそこまで酷使することがないのでが、動画編集や3D制作をする方ならかなりうれしい数値ではないでしょうか。

以前のモデルやMAJEXTANDとの比較

今まで使っていたMOFT ノートPCスタンド。

接着面にパンチホール(ベンチレーテッドホール)があり、熱対策されているモデル。

特に不満もなく、何十回も貼り替えてますが現役です。

重量を計測すると、新型 MOFT Cooling Standが91g、以前のモデルが83g。

8gほど重くなってますが、気にするほどでもないし、冷却性能や製品のクオリティが上がっているなら問題なし。

ちなみによく比較されるMAJEXTANDは137g。

MAJEXTANDは6段階の調整ができるのが魅力ですが、MacBook Pro 14/16インチなどちょっと重たいノートパソコンで使うには重量が気になります。

とはいえ、耐久性はとても高く、根強い人気のある製品。

とてもいい製品ですが、ボクは軽さ重視なのでMOFT派

MOFT Cooling StandをM2 MacBook Airに貼り付け

使い方はかんたん、まず接着部分のフィルムを剥がします。

この部分に使われている接着剤は『PUナノトレース』という特殊なもので、耐久性が高い。

なんと貼り直しは100回、水拭き50回というとんでもない耐久力

あとは貼り付けるだけで完成。

使い方はかんたん。

弱めのマグネットで吸着していますが、持ち上げるだけでOK。

装着してわかるのが、まず品質の向上。

質感、吸着力どれをとってもMOFTのノートパソコン用スタンドの中ではダントツ。

低めの15°で使いたいときは内側を外に押し出して使います。かんたん。

角度は25°と15°

角度に慣れてくると25°を使うことが多めに。

どちらも安定して使えます。耐荷重5キロはダテじゃない。

平面のデスク上ならタイピング中にガタつきやグラつきは皆無。

15°のときの背面画像。

新型だけあって、折りたたんだ状態でも浮きがなく、かなりキレイ。

買ってよかったと思わせてくれます。

デスクとの接地面は、滑り止め加工がしっかりされていて、タイピング中も滑ることはまずありません。

新開発されたヴィーガンレザーの表面は、耐摩耗性が高く、高級感もありグッド

気になるポイント

3.1mmの薄型とはいえ、M2 MacBook Air(Proも同じ)に貼り付けると4箇所のゴム足が浮いてしまいます。

なのでCooling Standをたたんだまま、平置きでタイピングするとぐらつきます。

パソコンに手首を乗せない使い方なら問題ありませんが、体重をかけるとグラグラ。

気にする方は貼り付けないタイプがいいでしょう。

スタンドを装着すれば、タイピング時は必ず傾斜をつけるようになるので、個人的には貼付けタイプでも問題なし。

MOFTのノートパソコンスタンドを選ぶならCooling Standがおすすめ

おすすめポイント
残念ポイント
  • 高耐久ヴィーガンレザーがすばらしい
  • 貼り替え回数が格段に向上
  • 本体を冷却してくれるグラフェン使用
  • 2段階の角度調整
  • 平置きのタイピング時はグラつく可能性もある(PCによる)

これまで発売されてきたMOFT スタンドシリーズの上位版ともいえるMOFT Cooling Stand

クオリティ、軽さ、性能どれをとってもおすすめできる製品です。

ただし、平置きで使うことが多い方はやめておきましょう。

角度を付けて目線を上げることでノートパソコン作業による目の疲れや肩こりの改善にも役立ちます。

この記事を読んでMOFT Cooling Standが気になった方は製品ページでチェックしてみてください。

スタンドのまとめ記事はこちら。

モバイルスタンドを使用する利点もくわしく解説しています。

MOFT Cooling Standは冷却効果付きノートパソコンスタンド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次