iPad mini 6にMOFTスタンドとスマートフォリオどっちがいい?

ミニiPad ProことiPad mini 6が非常に活躍してくれています。

近所のカフェにお出かけ,みたいなときもリュックにサクッと入れて気負いすることもなく簡単に持ち出すことができます。

この軽量コンパクトなボディを活かす人気のアクセサリーが,Apple純正スマートフォリオとMOFTタブレットスタンド

どちらも非常に人気の高いアイテムですが,実際日常的に使いやすいのはいったいどちらなのか,悩んでる方も多いのでは?

今回は答えを出したいと思ってます。

目次

アップル純正スマートフォリオ(Smart Folio)

まずは各製品の紹介から

Smart Folio外観

言わずと知れたApple純正カバーケース『Smart Folio』

格安で人気の高い製品もたくさんありますがカバーケースといえばコレ。

純正品は価格も高い分,マグネット・耐久性など完成度も高く,使い勝手は良好

唯一,Apple Pencilの収納だけはできない。

内側はスエード調のファブリックで覆われていて,iPad mini背面の擦り傷から守ってくれます。

Smart Folioはマグネット式。

前面と背面は保護されていますが,ボタンやスピーカー,USB-Cポートが配置されているサイドはむき出し。

私はWraplusのスキンシールで保護してます。

Smart Folioスタンド機能

横置き(ランドスケープモード),スタンドとして標準的な使い方

横置き2つ目の使い方。

Smart Folioのポジションは紹介したこの2つの置き方しかない。

縦置きができないのが最大のネック。


非公式ですが,マグネットから外せば縦置きもできなくはないです。

MOFTタブレットスタンド

MOFTは保護機能は全くないですがスタンド機能に特化した製品

縦でも横でも様々な角度調整が可能。

背面の粘着テープ(再利用可)で貼り付けます。

フラッシュが隠れるため,多くの方が右寄せで貼り付けますが,そこまでカメラを使わないというのと,スタンドを立てて撮影すればいいだけのことなので,中央に貼り付けます。

※iPad mini 6専用サイズならフラッシュが隠れません。公式MOFT JAPANでチェック

この縦置きができるのはMOFTの強み,2段階調整可能。

Smart Folioにはできない。

横置きモード。こちらも2段階の角度調整が可能

この部分を内側に折り曲げることで,横置きはさらに角度の微調整が可能。

さらにさらに縦置きモードは,iPad miniを上下反転させることで,寝かせたモードで使用することも可能。

自由自在です。

重量比較

Smart Folioは104g

iPad miniが小さので,面積の少ないこのカバーはそこまで重くありません。

MOFTスタンドは83g。軽さで勝負なら,僅差ですがMOFTの勝ちですが…

MOFTとSmart Folioどちらを選ぶか

Smart Folio
MOFTスタンド
  • スタンド機能は2段階
  • 横置きしかできない
  • 前面,背面の保護ができる
  • 林檎マーク付!
  • MOFTより重いけど,そのまま持ち運べる
  • 7,480円(税込)
  • スタンド機能は8段階
  • 縦横両方使える
  • iPad miniがむき出し
  • 軽量だけど液晶がむき出しのためケースに入れないと持ち出せない場合も
  • 2,980円(税込)


結論,スタンド機能を重視するならMOFTタブレットスタンド,保護機能を重視するならSmart Folio。

重さではMOFTが軽量ですが,液晶がむき出しのため保護用スリーブケースを別途準備する必要があり,重量で選ぶのは難しいですね。

ということで比較材料は出揃ったわけですが,個人的にはMOFTを常用しようと決めました

理由は,縦横自在に使えるスタンド機能

保護スリーブケースはMacBook Pro 14にも使っている軽量なV.M ケースを購入しようと思ってます。

MOFTとSmart Folio,どちらもすばらいい製品なので気になる方は多いはず。

正解は人それぞれ,自分なりの答えを出してみましょう。


MOFTタブレットスタンドにはサイズがあります。
一番小さな〜7.9インチまでのサイズがiPad miniに最適です。
※iPad mini 6専用サイズは公式MOFT JAPANでチェック

フォリオタイプでApple Pencilの装着にも対応している人気のESRのケース


iPad mini 6のレビュー記事はこちら

prime会員ならPrime Music Unlimitedの利用料が月額880円と安い!
会員特典のPrime Musicとは違い、ハイレゾ対応で9000万曲がロスレス(HD)、700万曲以上がULTRA HD(最大24ビット、192kHz)で聴けます。
空間オーディオ(360 Realty Audio, Dolby Atoms)にも対応。
今なら最初の4ヶ月が無料でお得!



iPad mini 6はスマートフォリオとMOFTスタンドどっちがいい?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次