【厳選】MacBook Airにおすすめのポータブル外付けSSD!愛用品も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
【厳選】MacBook Airにおすすめのポータブル外付けSSD!愛用品も紹介

動画編集だけでなく最近は静止画もファイルサイズが大きくなり、今まで以上にMacBookの容量を圧迫してきます。

容量の大きなパソコンを購入すればいいのですが、金額はその分跳ね上がります。

また大事なファイルの安全性を確保するなら、外部ストレージにコピーファイルを作っておくのもひとつの解決策。

そんな悩みを解決してくれるのが外付けストレージ。

特にハードディスクと違い、SSDは書き込みも読み込みも高速でとっても便利。

この記事では,管理人がMacBook用として実際に愛用しているものを中心に,おすすめの外付けSSDを紹介しています。

これからSSDを購入したい,または買い替えたいと考えている方の参考になればと思ってます。

自分の環境に最適なSSDを見つけてください。

クリックで項目にジャンプ

なぜ外付けSSDが必要?

MacBook AirやProの内蔵ディスクは,買ったあとから増設ができない仕組みです。

これは仕方のないことなんですが,内蔵ディスク(SSD)の使用領域が7割を超えたら,そろそろ空き容量に気をつけなければなりません。

内蔵SSDは空き容量をある程度確保していなければ,MacBookのパフォーマンスの低下,さらにSSD自体の寿命を縮めることになります。

そんなとき,効果的な対策として,まずはファイルデータや不要なアプリケーションの整理がとても重要。

それでも思うような空き容量が確保できない場合,外付けSSDの購入が簡単で即効性があります

動画や画像ファイルなど,SSDの容量を圧迫しているデータを外付けSSDに移動してあげれば空き容量を簡単に増やすことができます。

SSDの空き容量に不安があるなら,日頃から大きなファイルサイズのものは外付けSSDに保存する習慣を付けておけば,トラブルを避けることができます。

失いたくないファイルデータの場合は,外付けSSDだけに頼らず,保存用HDDを活用したり,iCloudやGoogleドライヴなどのクラウドサービスにコピーを置くなど2重の管理体制を取っておけば鬼に金棒です。

内蔵SSDに空き容量が必要な理由

UGREENのNVMeケース

そもそもSSDはデータを上書き(更新)しようとした場合,現在の空き領域に書き込み,その後元のファイルを削除するという特性があります。

そのため,空き容量が少なくなると,前データを削除しながら新しいデータを書き込むため,結果的に処理速度が落ちてしまいます。

パフォーマンスの低下だけならいいのですが,ひどい場合はmacOSが起動しなくなったり突然シャットダウンしたりといったケースに陥ることもあります。

それを防ぐためにも20%程度の空き容量(※)が必要となります。

※あくまでも目安。実際には対象ファイルサイズやPCの構成,SSDの容量などによっても必要なパーセンテージは異なります。

実際に使用しているおすすめ外付けSSD

サンディスク(SanDisk) エクストリーム ポータブル SSD

クオリティと信頼性を求めるならベストな選択。

コンパクトで防滴・防塵性能も高く,しかも高速,かなり安心感があります。

最大1050MB/秒の読出し速度と最大1000MB/秒の書込み速度。

使用してるのはミドルクラスのものですが,書き込みが最大520MB/Sのエントリー機種と書き込み速度最大2000MB/Sとより高速なハイエンドモデルが存在します。

価格,性能など考えエクストリームポータブルSSDを購入しました。

動画など大きいファイルの保存をあまりしない方はエントリー機種で十分。

USB 3.2 Type-C コネクタ装備。Windows と Mac の両方に対応。

サンディスク(SanDisk) エクストリーム ポータブル SSDは,現在もっとも,おすすめできるポータブル外付けSSDです。

システム条件
  • USB 3.2 Gen 2(USB 3.0, USB 2.0 下位互換性あり)
  • USB Type-C またはUSB Type-A ポート
  • IP55の防滴・防塵性
  • 対応OS:Windows, macOS,USB Type-C 対応のスマートフォンなど

低価格ベースモデル【SanDisk ポータブルSSD】

最速ハイエンドモデル【エクストリームプロ ポータブルSSD】

【SanDisk エクストリーム ポータブルSSD】のレビュー記事はこちらから

RAOYI ポータブルSSD

超コンパクトで持ち運びにも最適な『RAOYI ポータブルSSD』

有名ブランドのものより低価格なことと,USBフラッシュメモリ並の小ささが魅力。

内蔵ディスクの替わりに使うには発熱も気になりますが,出先での保存用としては最適。

より高速なハイグレードモデルも存在します。

ハイスペックとコスパを求めるなら自作,SSDとケースを別々に購入

自作SSDというとハードルが高い気がしますが,買ってきたSSDを中あるスロットに差し込むだけ。

誰でもできます。

自作ならTunderboltに対応したケースに高速なSSDを組み合わせて読込み速度2000MB/Sオーバーもできちゃいます。

ただし,高速になればなるど発熱量も多くなります。注意しましょう。

自作外付けSSDに必要な製品

スペックを求めるならThunderbolt対応のケースを選ぶ必要があります。

またケースにSSDの規格,形状も合わせる必要があります。

下記は1例です。

created by Rinker
Crucial(クルーシャル)
¥12,800 (2024/06/22 05:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonでおすすめのポータブル外付けSSD

Samsung T7 1TB

製品スペック

  • 【転送速度】最大1,050MB/秒
  • 【インターフェース】USB 3.2 Gen 2(10Gbps)、/3.0/2.0互換
  • 【セキュリティ】パスワードロック(任意設定)、AES 256bitハードウェア暗号化
  • 【耐久性】最大2mの落下テストクリア
  • 【互換性】Windows 7以降、Mac OS X 10.10以降、Android Lollipop以降

管理人も購入を検討しましたが,外観がメタルボティのため,よりMacBookに傷を付けにくいシリコンボティのSanDisk製ポータブルSSDを購入しました。

とはいえテクノロジー分野では有名なSamsung製なので安心感があります。

上位に指紋認証付きT7,下位には読込み速度を最大540 MB/秒におさえたリーズナブルな設定のT5もあり,バリエーションも豊富です。

バッファロー SSD-PH1.0U3-BC/N

やっぱり購入するなら日本ブランド。

という方にはBUFFALO(バッファロー)のポータブルSSDがおすすめ。

読込み最大2,000MB/sの上位モデルもあります。

特長NVMe SSDを採用 USB 3.2(Gen 2)高速転送
SSDスピード比較★★★★★★
読込速度(目安)1,000MB/s
USB規格USB3.2(Gen2)
質量(ケーブル含まず)約40g
商品サイズW103×H9.8×D31.5mm
容量ラインナップ500GB/1TB
USB付属品Type-Cケーブル+Type-Aケーブル

エレコム ESD-EPK1000GWH( 外付けSSD 1TB USB3.2 Gen2)

エレコムのUSBフラッシュメモリタイプの外付け小型SSD。

直挿し・ケーブルレスで便利ですがMacBook AirやProはUSB-Aポートがないため,USBハブやUSB-C変換アダプタが必要。

コンパクトながら,読み込み最大600MB/s、書き込み最大500MB/sの高速データ転送が可能。

  • USB3.2 Gen2
  • 読み込み最大600MB/s
  • 書き込み最大500MB/s
  • 幅57.7×奥行き20×高さ10.5mm
  • 重さ約11g
created by Rinker
エレコム
¥16,765 (2024/06/22 05:09:10時点 Amazon調べ-詳細)

外付けSSDの購入は自分の環境にあわせて

ポータブルの外付けSSDは,コンパクト・軽量で持ち運びにも適していてとても便利ですが,大切なデータを保管する記憶装置。

口コミやレビューの評価が低いものは手を出さないのが吉。

保証期間内であれば製品の交換は可能ですが,データが消えてしまったり,破損してしまった場合は取り返しがつきません。

価格や転送速度も大切ですが,製品のクオリティ,保証期間,サポート体制などしっかりチェックしておきましょう。

自作に関しては,発熱対策,SSD規格,フォーマット方法など,ある程度知識が必要です。

気になるようでしたら,過去記事も参考にしてください。

【厳選】MacBook Airにおすすめのポータブル外付けSSD!愛用品も紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ