【レビュー】Anker Soundcore P40iはアンダー1万円の超コスパワイヤレスイヤホン!

当ページのリンクには広告が含まれています。
Anker Soundcore P40iはアンダー1万円の超コスパワイヤレスイヤホン登場!

Ankerから満を持して、高コスパの最新ワイヤレスイヤホン「Soundcore P40i」が発売されました。

Amazonでベストセラーにもなり、長い間ヒットしてきたLife P3の後継モデル。

しかも、この円安時代に前作Life P3よりも価格を値下げしてきました。

価格を抑えたら、Life P3よりも性能は低い?

そんな心配は必要ありません。P40iは、機能も音質もパワーアップしています。

主な機能は以下のとおり。

  • 上位機種Liberty 4と同じウルトラノイズキャンセリング2.0を搭載
  • マルチポイント対応
  • ケース込み最大60時間再生のロングライフ
  • 11ミリの大口径ドライバー
  • 3Dオーディオ対応
  • IPX5の防水規格
  • ワイヤレス充電対応

Anker Soundcore P40iの特徴を2行でまとめると、価格以上の高機能と強力ノイキャン、音質も価格以上だけど低音強めのドンシャリ。アンダー1万円なら2024年ベストバイ。

それでは詳しくレビューやっていきます。

目次

製品詳細

同梱品

  • Soundcore P40iイヤホン本体
  • 充電ケース
  • イヤーピース:XS, S, M(初期装着), L, XL
    USB-C to A充電ケーブル
  • 製品説明書

製品スペック

ノイズキャンセリングウルトラノイズキャンセリング 2.0
自動調整可
シーン選択可
風切り音低減可
外音取り込み全取り込み
またはフォーカスモード
Bluetooth5.3
コーデックSBC, AAC
防水性能IPX5
マイク6マイク
AIノイズリダクション
再生時間通常モード:最大12時間(イヤホン本体のみ)
最大60時間(充電ケース使用時)
充電時間約3時間(USB-Cケーブル)
約4時間(ワイヤレス充電)
サイズイヤホン:約27.3 x 21.3 x 23.8 mm
ケース:約70.0 x 55.0 x 28.0 mm
重さイヤホン:約5g
ケース:約58g
その他マルチポイント接続対応
Google Fast Pair対応
ワイヤレス充電対応
カラーオフホワイト
ブラック
ネイビー
パープル
発売日2024年4月9日

外観

イヤホン本体

スティック部分は、ツヤ有りのコーティングで、周囲はゴールドメタリックのメッキ。

このクオリティで、8,000円以下なのはスゴい。

イヤホンのノズル=先端部分は、結構大きめで、特殊形状。

市販のイヤーピースは難しいかも。

ただし、付属のシリコンが恐ろしく耳にフィットしてくれます。

個人差があるので、すべての人にフィットするかはわかりませんが、同価格帯ならピカイチ。

本体側とイヤーチップ側、それぞれ中心がメッシュ加工されていて耳アカ対策もバッチリ。

サイズはXS, S, M, L, XLの5種類。

フィット感が最適かどうかは、アプリでもチェックできます。

充電ケース

充電ケースはサラッとしたマットな質感で安っぽさは皆無。

中央のSoundcoreのロゴもギラツキを抑えて上品な感じ。

正面は、開閉口が大きく凹んでいて、開けやすさも考慮されています。

中央はLEDインジゲーターが内蔵されていて、充電や開閉時に点灯してくれます。

背面には充電用のUSB-Cポート。

右隣にペアリングボタン。

イヤホンはスティック型なので、取り出しやすいし、マグネットでパチっと収まってくれます。

フタの内側に、Soundcoreのロゴと製品仕様が記載されています。

内側のシリコンと2層構造で、イヤホン本体を傷つけないように配慮されています。

この辺の加工のクオリティも、他社と比べると頭1つ抜けています。

充電ケースがスタンドになるのが斬新

しかも意外と使える機能。

食事中の「ながらYouTube」とか最高です。

ワイヤレス充電にもきっちり対応。

重さ

イヤホンの重さは片側5.1gと軽量タイプ。

AirPods Proと変わらない。

総重量は57.4g。

前作よりは2.6gほど軽くなっています。

Soundcore P40iとLife P3の外観比較

左が前作Soundcore Life P3、右が新作Soundcore P40i。

充電ケースの見た目はほとんど変わらないですが、Soundcore P40iの方が、スクエアに近くなりました。

ほとんど同じですが、総重量は2.6gほど新型Soundcore P40iが軽くなってます。

イヤホンは、新型P40iの方がスティックが短くなり、サイズがコンパクトになっています。

重さは、ほぼ同等。

Soundcore P40iとLife P3のスペック比較

項目Soundcore P40iLife P3
発売日2024年4月2021年
価格(実勢価格)7,990円(税込)8,990円(税込)
ノイキャンウルトラノイズキャンセリング 2.0ウルトラノイズキャンセリング
最大再生時間イヤホン本体:最大12時間
ケース込:最大60時間
イヤホン本体:最大7時間
ケース込:最大30時間
充電時間イヤホン本体:約2時間
充電ケース:約2時間
イヤホン本体:約2時間
充電ケース:約3時間
ドライバー11mm10mm
コーデックSBC、AACSBC、AAC
Bluetooth5.35.2
マルチポイント接続有り無し
通話用マイク6つのビームフォーミングマイク
AIノイズリダクション
6つのビームフォーミングマイク
AIノイズリダクション
防水性能IPX5IPX5
その他低遅延ゲームモード
3Dオーディオ
スマホスタンド付き充電ケース
低遅延ゲームモード

価格は下がったのに、多くの機能がかなりパワーアップしています。

ノイズキャンセリング機能は、Life P3では付いている程度でしたが、ウルトラノイズキャンセリング 2.0は上位モデルにも採用されている実用レベルの性能。

再生時間が、約2倍と大幅に改善されている点も見逃せません。

アプリの使い方

まずはペアリングから。

初回は、ケースを開けるだけでペアリング状態なので、スマホのBluetooth設定からP40iを選んで接続。

2台目以降は、ケース背面のペアリングボタンを使います。アプリでも操作可能。

接続できたところで、soundcoreアプリを入手。

アプリ「soundcore」はiOS、Android両対応なので各アプリストアからダウンロード可能。

ホーム画面は整理されていて使いやすい。

バッテリーの残量確認やノイズキャンセリングの状態など、このページで確認可能。

アクティブノイズキャンセリングは、自動・手動(5段階)での切り替え、環境の設定などカスタマイズ機能は幅広いです。

風切り音の低減も可能。

外音取り込み機能は、全部取り込みか、声にフォーカスして会話を優先するか選ぶことができます。

イコライザーはサウンドエフェクトから設定。

パーソナルに合わせたHearID、プリセット、カスタマイズから選べます。

個人的には、低音域を抑えてくれるプリセットのベースリデフューザーが一番好み。

イマーシブモードはゲームモードとムービーモードがあります。

ゲームモードは低遅延モード。

3Dサウンドを聴きたいなら、音楽再生でもムービーモードとなります。

コントロールは左右別々に設定可能。

1回タップが空いていたので、音量調整を入れました。

音量制限はかなり嬉しいポイント。

音を再生しながら開くと音量測定が可能なため、最適な音量を知ることができます。

爆音で聴いていて、怖いのは急性難聴。

音量を自分に合わせて調整できるのはとても重要かつありがたい!

ホーム画面右上の歯車マークから詳細な設定が可能。

  • マルチポイント接続
  • 自動電源OFFのタイマー
  • 探す機能
  • 音声ガイダンス
  • 装着テスト
  • ファームウェアの更新

ヴィジェットについて

soundcoreアプリは、iPhoneでヴィジェットが使えます。

ノイキャン、外音取り込みの切替、ゲームモード、ムービーモードのON/OFFができてとても便利なんですが、使用中にもかかわらず、たびたび切断されてしまうのが残念。

しばらくすると復旧するんですが、それならアプリ開いたほうが早いかも、と思ったりします。

音質

さすがAmazonに2万件以上高評価が書き込まれたLife P3の後継機、音の安っぽさはありません。

解像度も、音の響きも悪くないです。低音から中音、高音までしっかり鳴ってくれます。

特性としては、いつものAnkerドンシャリ。

ただし、低音が強すぎるので、人によってはEDMとかはちょっと聴きづらいかも

低音を抑えるイコライザープリセット「ベースリデフューザー」がいい感じです。

ムービーモード=立体音響は、ハイエンドの機種のようにはいきませんが、体感できます。

この価格帯で立体音響が付いていること自体がすごい。

ゲーマーには低遅延モードもうれしいポイント。

ただし、音質は落ちるので常時使用は避けたほうが良さげ。

外音取り込み

音質以外で、価格を抑えたモデルと、ハイエンドとの違いは「外音取り込み」に出やすいです。

ただし、前作のLife P3に比べれば格段に進化しています。

自分の声はこもりがちですが、周囲の音、相手の声を的確に拾ってくれます。

十分実用レベルと言えます。

通話性能

通話性能は6個のマイクが集音してくれるので、クリアな声を相手に届けてくれます。

周りの騒音を消去するノイズリダクション機能はかなり優秀で、交通量の多い道路脇やショッピングモールでも心配無用です。

LINE通話やリモートワークなどでも問題なく使えます。

コスパで人気のEarFunシリーズと比べてどうなのか?

  • EarFun Air Pro3
  • EarFun Free Pro
  • Soundcore P40i

この比較は正直気になる人もいるのではないでしょうか?

なかなか難しい選択ですが、個人的に選ぶなら今回のSoundcore P40iが新王者です。

理由は以下。

  • 製品ボディのクオリティが高い
  • アプリが熟成されていて、高性能
  • ノイキャンが強力
  • フィット感が抜群

比較した3機種の音質は、正直好みでしょう。

どれもドンシャリですが、Soundcore P40iはベースがかなり前に出ます。

とはいえ、気になる方はイコライザーのプリセットを使えば問題ありません。

スティック型が苦手な方はEarFun Free Pro 3 という選択肢も間違いではありません。

コーデックにこだわるならEarFunシリーズがLDACに対応していますが、総合的な音質ではSoundcore P40iかなと個人的に思ってます。

EarFun Free Pro 3、AirPro3 のレビュー記事もあります。

まとめ

Anker Soundcore P40i
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 上位機種Liberty 4と同じウルトラノイズキャンセリング2.0を搭載
  • マルチポイント対応
  • 3Dオーディオ対応
  • 製品ボディのクオリティが高い
  • 価格以上の音質
デメリット
  • コーデックがAAC, SBCのみ
  • 人によっては低音の調整が必要

ベストセラーLife P3の後継機ということで、勢いにまかせ購入しましたが、全体的なクオリティの高さにびっくりしました。

コスパと性能の両立を求めている方なら、間違いなく満足する機種です。

もちろん上位モデルSoundcore Liberty 4の方が完成度は上ですが、5,000円の価格差を感じさせない仕上がり具合はさすがAnker(アンカー)といったところ。

Soundcore P40iは、まちがいなく2024年4月時点でコスパ部門ベストバイなワイヤレスイヤホンです。

項目別評価点【Anker Soundcore P40i】…max10点
高音
8.5
中音
8.0
低音
8.5
ノイズキャンセリング
9.0
外音取込み
8.5
機能
9.5
総合評価
8.7
Anker Soundcore P40iはアンダー1万円の超コスパワイヤレスイヤホン登場!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次