【レビュー】自立式ガジェットポーチ『ユウボク東京デイズポーチ』でカフェに出かけよう

当ページのリンクには広告が含まれています。
自立式ガジェットポーチ『YOUBOKUデイズポーチ』でカフェに出かけよう

ガジェットポーチはやっぱり自立するタイプがベスト。

そこで今回紹介するのが『ユウボク東京 デイズポーチ』

カフェのお一人様テーブルなど狭いスペースでは、ポーチを広げてガジェットを取り出そうにも、フタを開けた状態だと2倍の面積が必要になり作業スペースが侵食されます。

しかもポーチを寝せた状態では、内部が確認できないため、いちいちその都度覗き込むことになります。

場合によっては、上下に重なった邪魔なアイテムまで取り出す必要があります。これは面倒です。

ユウボク東京のデイズポーチなら自立式なので小さなスペースでガジェットの出し入れが可能。

さらに収納アイテムを縦置きにすれば、内部の見やすさも抜群。

とはいえ、毎日使うはジェットポーチだからこそ、実際の使い勝手の良さが一番大切。

早速レビューしていきます。

目次

製品詳細:YOUBOKUデイズポーチ

本体サイズ縦約17cm×横約19cm(底部約13.5cm)×厚み約8.5cm
ファスナーを開けた内部サブポケットサイズ(ファスナー無し部分、前面後面2面にあり)
(1)縦約9.5cm X 横約6cm X ポケットマチ幅約1.5cm
(2)縦約9.5cm X 横約7.5cm X ポケットマチ幅約1.5cm
(ファスナー有り部分)入り口の横サイズ約12.5cm X 深さ約9.5cm
重さとカラー・ネイビー・グレー/ブラック・ブラウン/ブラック:約170g
・カフェ・ベージュ/カフェ・カーキ:約200g
ポケット数
ブランドユウボク東京

外観

表面全体はポリエステル素材。リュックに使われるコーデュラナイロンに近い。

下半分はPU素材のようなナイロンコーティングが施されています。

ネイビー・グレーとブラック・ブラウンは、全面が同じポリエステル素材。

新色のカフェ・ベージュとカフェ・カーキはPU素材(合成皮革)

3種類とも見た目の印象はかなり変わるので、色だけでなく、素材で選ぶのも面白いかも。

底面は13.5×8.5cmと、しっかり自立できる表面積。

ブラックを買って良かったなと思う点は、底面もナイロンコーティングされているので撥水効果が高いところ。

水滴にも強いので飲み物をとなりにおいても安心。

ブランドロゴは控えめで、なかなかオシャレです。

メインの開口部分はダブルファスナーを採用、ファスナートップ(引き手)はループ状になっていて使い勝手にもこだわっています。

止水ファスナーを使っていて、水の侵入を防ぎつつ見た目も高級感あります。

ファスナーは硬すぎず、なめらかな滑り。

両サイドの外側には大きなポケットがあり、ペンや定規、有線イヤホンなど、なんでも入ります。

ロゴ側の外側ポケット内部にはもうひとつファスナーありのポケット。

メインポケットはガバっと開くので内部がめちゃくちゃ見やすい。

内部には、4つのポケットとファスナー付きポケットが配置されています。

メインポケットはギリギリiPhone14 Pro Maxを飲み込める高さがあります。

16cm程度の高さのガジェットなら収納可能。

重さは155g。思ったより軽量。

デイズポーチ専用マグネットクリップ

キャンペーンで無料でもらえた専用マグネットクリップ。ラッキーでした。

もちろん購入も可能。

メインポケットを開けたまま固定するのに使います。

開口部を開きっぱなしにできるので、さらに使いやすくなります。

ポーチというか、もはや収納ボックス。

マグネットクリップは装着した状態ではファスナーが閉まりません。

持ち帰るときは、取り外します。

専用マグネットクリップは、次も使いやすいよう外側のポケットに放り込んでおけばOK。

実際にガジェットを収納してみる

デイズポーチはもっと収納できるのですが、今回は検証用として管理人がカフェに持ち出すセットを用意。

  • MATECH GanCell 10000(モバイルバッテリー兼USB充電器)
  • CalDigit SOHO Dock
  • エレコム巻き取り型AppleWatch充電器
  • SDカード
  • SanDisk エクストリーム ポータブルSSD V2
  • Anker Flow USB-C、Lightningケーブル
  • 40Gbps対応USBショートケーブル

MATECH GanCell 10000は、モバイルバッテリー兼USB充電器でモバイルバッテリー時も40Wの高出力なのが魅力。

エレコム巻き取り型AppleWatch充電器は、AppleWatch Series7以降なら純正と同じく高速充電ができます。

どんな場面にも対応した携帯型のUSBハブが欲しいならCalDigitのSOHO Dock。

多機能かつどのポートも高性能なのでマルチに活躍してくれます。

個人的には、撮りためた動画や静止画を保管するため、外付けSSDは必須レベル。

ケーブル類は縦置きをイメージしてしっかり巻いてます。

縦置きするなら、この形状がベスト。

SDカードなど小さいものは、ファスナーポケットの中に入れました。

ガジェットを全部入れるとこんな感じ。

立てて収納することで、見やすいし、取り出しやすい。

自立型ポーチの最大のメリットです。

内部のポケットを使うことでガジェット同士が直接当たらず、傷防止にも役立ってます。

MacBook Airは拡張性を求めるとUSBハブや変換ケーブルを持ち出さなければなりませんが、収納力も高いデイズポーチなら相性も抜群。

ユウボク東京のデイズポーチまとめ

メリット
デメリット
  • 自立式でデスクのスペーズを拡張できる
  • 中が見やすく、取り出しやすい
  • 見た目以上にポケットが多く整理しやすい
  • ガジェットポーチとしては高価

購入して1週間ほど使っていますが、日帰りのパソコン作業なら丁度よい収納力です。

ただし長期出張用となるとデイズポーチでは物足りなさを感じてしまいます。

マウスやテンキーなども持ち歩きたいならもう少し大きめのガジェットポーチが無難。

とはいえサイズ感とポケットの多さ、自立型など考えれば、カフェや出先に持ち出すガジェットポーチとしては最高の製品。

ユウボク東京のデイズポーチが気になった方は製品ページをチェックしてみてください。

自立型ガジェットポーチのまとめ記事もあります。

自立式ガジェットポーチ『YOUBOKUデイズポーチ』でカフェに出かけよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次