Amazon ゴールデンウィーク:スマイルセール開催中

ワードプレスでウェブサイトを構築する際の料金ガイド: 基本費用から裏技まで徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

ワードプレスを使用してウェブサイトやブログを立ち上げることは、今日では多くの企業や個人にとって最適な選択肢の一つです。

この強力なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)は、その柔軟性とユーザーフレンドリーな機能で世界中で愛用されています。

しかし、ワードプレスを始めるにあたり、どれくらいの料金がかかるのか、また、そのお金で何が得られるのかについては、よく知らない人が多いかもしれません。

この記事では、ワードプレスの利用に必要な基本的な料金から、レンタルサーバー代、ドメイン取得費やテーマおよびプラグインの費用など、ワードプレスを使用する上で必要なすべての費用について詳しく説明していきます。

ワードプレスの世界に足を踏み入れる前に、どのような投資が必要になるのかをしっかりと理解しておくことで、より計画的にウェブサイト構築を進めることができるでしょう。

目次

1. ワードプレスとは?

ワードプレス(WordPress)は、ウェブサイトやブログを簡単に作成・管理するためのシステムです。

プログラミングの知識がなくても、ワードプレスの管理画面を使うだけで、本格的なサイトの制作が可能です。

ワードプレスの特徴

  • オープンソースのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で、世界中で広く利用されています。
  • インストール型なので、インストールすることで利用できます。さらに、無料で配布されています。
  • ブログやホームページの制作に必要な機能を提供し、デザインやレイアウトを決めるテーマも利用できます。
  • 無料で使用することも可能ですが、ビジネス用途で活用する場合は、有料プランを選ぶこともあります。

ワードプレスの利用方法

ワードプレスは、WordPress.org(インストール型)とWordPress.com(ブログサービス型)の2つの利用形態があります。

WordPress.org(インストール型)

  • 一般的にワードプレスではじめる、というのはこちらのこと。
  • インターネットに接続されたサーバーにワードプレスをインストールして使用します。
  • 自由度が高く、収益化やビジネス用途にも適した運用ができますが、初期費用やサーバーの維持費がかかります。

WordPress.com(ブログサービス型)

  • レンタルブログサービスとして提供されています。
  • 無料で利用することもできますが、一部の機能が制限されています。制限を解除するためには、有料プランへの加入が必要です。

ワードプレスは非常に使いやすく、初心者でも利用することができます。

次のセクションでは、ワードプレスを利用するためにかかる料金について解説します。

2. ワードプレスの基本料金とは?

ワードプレスを利用する際には、いくつかの費用がかかります。以下では、それぞれの費用について詳しく解説します。

2.1 WordPressの基本料金(オプション)

ワードプレス自体は無料で利用できますが、一部の機能やテーマ、プラグインなどは有料となっています。

これらのオプションを利用する場合には、それぞれの料金が必要です。

2.2 レンタルサーバー代(必須)

ワードプレスを使うためには、レンタルサーバーを利用する必要があります。

レンタルサーバーは、ワードプレスが正常に動作するための環境を提供してくれます。

レンタルサーバーの料金は、性能やサービス内容によって異なります。

一般的には、月額500円から1,000円程度の料金がかかります。

個人のブログや小規模なウェブサイトを運営する場合には、これくらいの料金で十分です。

2.3 ドメイン取得・維持費(必須)

ワードプレスを使うためには、独自のドメインを取得する必要があります。

ドメインとは、ウェブサイトのアドレスのことです。

ドメインの取得費や維持費は、ドメインの種類や契約期間によって異なります。

一般的には、年単位で料金が発生します。

料金はドメインの種類によっても異なり、例えば「.com」であれば年間1,428円、また「.blog」であれば年間3,364円程度の料金がかかります。

ただし、初心者向けのワードプレスを始める方法では、独自ドメインの取得費や維持費が無料になります。

この方法を利用することをおすすめします。

2.4 テーマ費用(オプション)

ワードプレスのテーマは、ウェブサイトのデザインやレイアウトを決めるために使用されます。

無料のテーマも多くありますが、収益化を目指す場合や高機能なテーマを使用する場合には、有料のテーマを導入することがおすすめです。

ワードプレス初心者におすすめの有料テーマの価格は、15,000円から20,000円程度です。

特に国内の高機能なテーマを導入することをおすすめします。

なぜなら、日本語のマニュアルが用意されていたり、問題が起きにくいからです。

X(旧Twitter)などのSNSを利用して、問題を共有したり、質問したりできるのも、国内ユーザーの多い国産テーマならではの利点。

2.5 プラグインの費用(オプション)

ワードプレスにはさまざまなプラグインがあります。

プラグインはワードプレスの機能を拡張するもので、例えばSEO対策やフォーム作成などを簡単に行うことができます。

プラグインには無料のものもありますが、有料のプラグインも存在します。

有料のプラグインを利用する場合は、それぞれの料金が必要となります。

2.6 保守運用を外部に委託する場合の費用(オプション)

ワードプレスの保守運用を外部に委託する場合は、費用がかかります。

保守運用には、サイトのバックアップやセキュリティ対策、定期的なメンテナンスなどが含まれます。

保守運用を外部に委託する場合は、専門の会社に依頼するか、フリーランスの専門家に依頼することになります。

費用は依頼内容や専門性によって異なります。

以上が、ワードプレスを利用するための基本的な料金の相場です。次に、詳細な費用についてさらに詳しく解説していきます。

3. レンタルサーバー代について

technology

ワードプレスを利用するには、レンタルサーバーが必要です。

幸いにも、さくらインターネットやロリポップ、XSERVERなど、有名なサーバー会社が提供しています。

料金は月額500円から数千円まで幅広くあります。

3.1 代表的なレンタルサーバーと料金プラン

代表的なレンタルサーバーとその料金プランは以下の通りです。

  • さくらインターネット: 月額500円程度
  • ロリポップ: 月額500円程度
  • XSERVER: 月額1,000円程度
  • ConoHa WING:月額990円〜

上記の料金は税込表示ですが、定期的にセールもやっていますので、最新の情報は公式サイトでご確認ください。

エックスサーバーはこちらから ConoHa Wingサーバーはこちらから

3.2 無料サーバーの制約

無料のレンタルサーバーサービスも存在しますが、いくつかの制約があります。例えば、速度が遅くなったり、カスタマイズが制限されたり、広告が表示されたりといった制約があります。そのため、一般的には使い勝手が良くないと言われています。

また、無料サーバーでは独自ドメインを利用することができないため、サーバーを変更する際にはドメインの変更が必要となります。これには、サイトのSEO評価やドメインパワーの損失が伴います。

将来的にサイトの規模が拡大する可能性を考えると、有料のレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。サーバーの性能やサポート体制などを十分に検討し、自身のニーズに合ったプランを選ぶことが大切です。

4. ドメイン取得・維持費

technology

ワードプレスでブログやホームページを公開するには、独自のドメインを取得する必要があります。ドメインを取得する際の費用や維持費について説明します。

4.1 ドメインの取得方法

ドメインとは、インターネット上での住所のようなもので、URLを表す一意の名前です。

ドメインの取得方法にはさまざまな選択肢がありますが、おすすめは各レンタルサーバーでドメイン取得すると管理がとてもスムーズ。

ドメインに関する知識を持たないユーザーをサポートしてくれるのも魅力。

さらに、取得したドメインはすぐに利用することができます。

4.2 ドメインの料金

ドメインの料金は種類によって異なりますが、一般的には1,000円から5,000円程度です。主要なドメインの料金例を以下に示します(税込):

  • .com: 1,845円/年
  • .net: 1,989円/年
  • .jp: 3,818円/年
  • .co.jp: 5,081円/年

また、ドメインとサーバー契約を同時にする場合は、ドメイン更新料金(.com/.net/.org/.biz/.info/.jp)が永年無料となります。

4.3 ドメインの注意点

ドメイン取得費用が安い場合でも、更新費用が高額になる場合がありますので、注意が必要です。また、ドメインの種類によっても料金が異なることに注意してください。

おすすめの安価なドメインは、”.com”や”.net”、”.info”などです。これらのドメインは一般的で利用されているため、おすすめです。

ワードプレスを利用するためには、適切なドメインを選び、費用を抑える方法を利用して、自分のサイトを公開しましょう。

5. テーマ費用とプラグインの費用

WordPress

ワードプレスでは、テーマ費用とプラグインの費用がかかる場合があります。このセクションでは、それぞれの費用について詳しく説明します。

テーマ費用

テーマとは、ワードプレスのデザインのテンプレートです。無料のテーマもありますが、有料のテーマを購入すると、より豊富な機能やサポートが得られます。

もちろん無料テーマも必要な機能を備えているので、まずはcocoonのような無料テーマからはじめるのも問題ありません。

有料のテーマは一括購入型が一般的で、価格帯は約10,000円〜25,000円程度です。有料のテーマを使用することで、見た目や外観を変更したり、さまざまな機能を追加することができます。

さらに、有料のテーマは無料のテーマよりも機能面で充実しているため、本格的なウェブサイトやブログを作成したい場合には有料のテーマをおすすめします。

また、有料のテーマを購入すると、マニュアルやサポートなどの特典を受けることができることもあります。

当ブログが使用しているのはSWELLです。

プラグインの費用

プラグインは、ワードプレスの機能を追加するための拡張ツールです。プラグインには無料版と有料版があり、有料版の機能性が高い場合は購入費用が発生します。

プラグインの価格は、使用するプラグインによって異なることがあります。

ただし、無料版のプラグインでも多くの機能を利用することができるため、必ずしも有料版を利用する必要はありません。

最初は無理に有料を契約する必要はありません。

ワードプレスのテーマ費用とプラグインの費用は、需要や利用目的に応じて検討する必要があります。

無料のテーマやプラグインでも十分な機能が提供されている場合もあるため、事前に十分な情報収集を行いましょう。

まとめ

ワードプレスを利用する際には、いくつかの費用がかかります。

基本料金としては、ワードプレス自体は無料で利用できますが、一部の機能やテーマ、プラグインなどは有料となっています。

また、レンタルサーバー代やドメイン取得・維持費も必要です。

テーマやプラグインの費用はオプションですが、より充実した機能やデザインを求める場合には有料のものを導入することをおすすめします。

以上の費用を考慮し、自身のニーズに合ったプランを選ぶことが大切です。

よくある質問

Q1. ワードプレスは無料ですか?

A1. ワードプレス自体は無料で利用できますが、一部の機能やテーマ、プラグインなどは有料となっています。

Q2. レンタルサーバーの料金はいくらですか?

A2. レンタルサーバーの料金はサーバー会社やプランによって異なります。一般的には、月額500円から数千円まで幅広くあります。

Q3. ドメイン取得・維持費はどれくらいですか?

A3. ドメインの料金は種類によって異なりますが、一般的には1,000円から5,000円程度です。また、ドメインの維持費は年間で発生します。

Q4. テーマ費用やプラグインの費用はどれくらいですか?

A4. テーマの価格帯は約10,000円〜25,000円程度です。また、有料版のプラグインの価格帯は一般には月額料金で20ドル〜50ドル程度です。ただし、無料のテーマやプラグインでも多くの機能を利用することができます。

website

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次