【厳選】おすすめUSB充電器15選|MacBook AirもiPhoneもUSB-CでPD急速充電!

ガジェット増えてくると,個別のUSB充電器も増えてきて管理がめちゃくちゃ面倒になります。

旅行に出かけたりするとき,いくつもUSB充電器を持っていくとなると荷物は増えるし,重くなるしでかなり大変。

そんなとき,共用できるUSB充電器があれば,個別の充電器を減らすことができます。

例えばMacBook AirとiPhone,AppleWatchは,それぞれ個別の専用充電器が必要なので,3つを持ち運ぶのが通常。

しかし,ただでさえかさ張るApple純正のMacBookAir/Pro用充電器に,さらに追加でいくつもUSB充電器を持ち歩くのはスマートではありません。

同時に複数の機器を一度にチャージできるポート数と出力があるなら,USB充電器は1台で完結します。

最新のMacBook Airは35W出力のデュアルポートUSB充電器が選べるようになりましたが,それでも2つ。

しかも同時充電すると片側は17.5Wの出力しかなくなってしまい,MacBook Airなどの充電速度は格段に落ちてしまいます。

今回は管理人でじまろ(@digimalog)が実際使用している充電器を中心に紹介していきます。

気になるUSB充電器を見つけられたらチェックしてみてください。

安全性を求めて純正品にこだわるなら,Apple デュアルUSB-Cポート搭載の35Wコンパクトアダプタが品質的にもおすすめできます。

ただし,単ポート使用時でも最大35Wと少し非力なことと,価格も同クラスのサードパーティーと比べると2倍以上。

コスパ,出力,ポート数を求めるならサードパーティー製

・出力仕様

まずは自分のガジェットに必要な出力(ワット数)を知ることが大事です。

本体または純正アダプタの仕様をしっかり確認しましょう。

私の高出力が必要なガジェットはこのとおり。

  • MacBook Pro M1 Max 96W(最大)
  • MacBook Air M1 45W(最大)
  • MacBook Air M2 67W(最大)
  • iPad Pro 11インチ30W(最大)
  • iPad mini 6 30W(最大)
  • iPhone 13 Pro 23W(最大)

Apple Watch(5W), AirPods Pro(5W), デジカメなどは低出力なのでポートさえ余裕あれば問題なしです。

現状ですべてを一気に充電するのは難しいですが,ポート数や出力から様々なシチュエーションを考え,持ち出すUSB充電器を決めています。

ちなみにApple系の製品はUSB-Aポートの急速充電QC(クイックチャージ)は使えません

もちろん通常の充電用ポートとしてなら使用可能。

USB-CポートがPD(Power Delivery)3.0対応のものであれば急速充電が可能ですので購入の際はしっかり確認して購入してください。

・PD (Power Delivery),QC (Quick Charge)対応ポート

ガジェットを高速充電したいと思ったら,対応したUSB充電器を使えばいいのですが,急速充電にもいくつかの種類があります。

最新のリビジョン規格はPD,QCともに3.0。

Apple製品の多くが対応してる急速充電規格はUSB-CポートによるPD 3.0(Power Delivery)

Android端末は,PDはもちろんUSB-AポートによるQC 3.0(Quick Charge)に対応しているモデルも多いです。

製品説明欄にあるPD3.0対応やQC3.0対応の文字を確認して購入しましょう。

PPSってなに?

PPSはPD3.0規格のひとつ。

充電ロスが多く発熱もあったこれまでの方式を見直し、電力供給時の電流・電圧を細かく最適な値に変動させることで充電の効率化を図り、より高速な充電を可能にした方式。

現在はGalaxy S22などサムスンの一部の機種が対応。

iPhoneなどApple製品は現在PPS非対応となっています。

・GaN 窒化ガリウム

GaN 窒化ガリウムとは一種のパワー半導体のこと。

熱伝導率と放熱性に優れていて、本体が熱くなりにくいのが特徴。

そのため高出力を維持したまま軽量・小型化ができるのも大きなメリット。

逆にデメリットとしては製造コストが上がること。

目次

おすすめのUSB充電器(愛用品も紹介)

1.日帰り用USB充電器 UGREEN Nexode PD 充電器 65W

最小クラスの65W充電器『UGREEN GUN X 65w』がおすすめ|Ankerと比較

この小ささで多ポートモデル,最大65W出力のUSB充電器。

MacBook Air M1/Proを急速充電しつつ,iPadやiPhoneを充電可能。

3ポートすべてを塞ぐと,急速充電がメインポートのみになってしまうのがネックですが,出力,使いやすさ,サイズ感のバランスがいい筐体。

ブランドAnker
サイズ約 3.8 x 2.9 x 6.6 cm
重さ約130g
接続ポートUSB-C×2
USB-A×1
その他PD,PPS対応
出力最大65W
入力00-240V~50/60Hz 1.8A Max
USB-C1/C265W Max PPS:3.3-21V/3A
USB-A22.5W Max
USB- C1+C2PD20W+PD45W(PD45W+PD20W)
USB-C1+USB-APD45W+QC/FCP18W
USB-C2+USB-A8.5W+8.5W
USB- C1+C2+USB-APD45W+8.5W+8.5W

レビュー記事はこちら

2. 最新の出力可変式充電器『CIO NovaPort TRIO 65W』がかなりおすすめ

M2 MacBook Air用に購入したのですが,使ってみてかなり優秀でした。

各ポート,接続機器に合わせて最適な出力で充電してくれるCIOの充電器。

重量も先に紹介したUGREENのより30g程軽い。

サイズ約59x43x28mm
重量約92g
カラーブラック/ホワイト
入力100-240V 50-60Hz 2A
出力(USB-C1/C2)5V⎓3A / 9V⎓3A / 12V⎓3A / 15V⎓3A / 20V⎓3.25A
(Max 65W)
PPS3.3-11V⎓5A
出力(USB-A)5V⎓3A / 9V⎓2A / 12V⎓1.5A
(Total 18W)
出力(USB-C1+C2+USB-A)Total 60W MAX
出力(USB-C1+C2)Total 65W MAX

出力は最適な出力を判断する可変式なので,複数ポート充電の場合トータルで65Wという表記が新しい

2. 薄型を探しているならMATECH Sonicharge Flat 65W

65Wならこちらの『Sonicharge Flat 65W』もおすすめ

最大の魅力は,薄くて軽いところ。

例えば,バッグやリュックのカードケース用収納ポケットに簡単に入ります

「バッグやリックはなるべくスリムにしておきたい」と考える方なら『Sonicharge Flat 65W』は最良の選択。

製品の開発販売を手掛けるMATECH社は日本のブランドということで,サポート体制や保証の面でも安心して購入できるのもおすすめポイントのひとつ

メーカー‎MATECH(マテック)
接続方式‎‎USB-C×1
USB-A×1
入力100~240V 50/60Hz
出力‎USB-C = 最大65W
USB-C+A = 45W+18W
対応規格‎PD3.0
QC3.0
サイズ約 90 × 48 × 15.5mm
重さ‎約 101g
安全保護過熱、過充電、漏電、ショー ト防⽌
保証期間シリアル登録後2年間

過熱、過充電、漏電、ショー ト防⽌など,安全性能が高いのも見逃せないポイント。

3.出張用USB充電器:MATECH Sonicharge 100W Pro

2022年の旅行時は特に,MATECH Sonicharge 100W Proを愛用してます。

3ポート100Wタイプで世界最小クラスです。

3泊以上の長期出張になると,MacBook Pro 14インチ M1 Maxを持ち出して,出張先でも本格的なPC作業を行います。

さらに,ある程度の日数が経過すると低消費電力のガジェットもバッテリー切れ,多くの製品を一度に充電する日か訪れます。

そんなときは,さすがに65Wでは非力,100Wクラスが欲しくなります。

しかもUSB-Cポートが多数あれば,なお便利。

そんなこんなで最近,活躍してくれているのが『Sonicharge 100W Pro』

MATECHのSonicharge 100W Proは単ポートなら最大100W出力,3ポートすべて同時に使用しても,上段のUSB-Cは最大65W出力。

変動した各ポートの最大出力をいちいち覚える必要がないので楽ちんです。

MATECH Sonicharge 100W Pro製品スペック

ブランドMATECH
製品名Sonicharge 100W Pro
入力100~240V 50/60Hz
USB-C出力単ポート最大100W
Type-C + Type-Cは65W + 30W
USB-A出力単ポート最大30W
サイズ約 61 × 61 × 32.2mm
重さ179g(実測)
安全保護過熱、過充電、漏電、ショー ト防⽌

MATECH Sonicharge 100W Proのレビュー記事はこちら。

4.長期出張用USB充電器 UGREEN 卓上100W USB充電器

MacBook Airにおすすめの充電器。

単ポートで最大100Wの高出力。

MacBook Air M2はもちろんMacBook Pro14インチも最大100Wで充電できるので,問題なし。

また2mの延長コード(メガネ)が付属なので、温泉宿のようなコンセントがテーブル下や部屋の隅っこにあっても,好みの位置まで引き伸ばしてポートを接続することができます。

自宅やオフィスのデスクの卓上用としても、2mの延長コードはかなり活躍してくれます。

出張が多い方やデスクの上に据え置きしたい方におすすめです。

製品仕様

1ポート出力
USB-C1/C2
5V/3A 9V/3A 12V/3A 15V/3A 20V/5A 最大100W
PPS規格対応:3.3-21V/5A
1ポート出力
USB-C3
5V/3A 9V/2.22A 12V/1.67A 最大20W
1ポート出力
USB-A
5V/3A 9V/2A 12V/1.5A 最大18W
2ポート出力【C1+C2ポート】:45W+45W
【C1/C2+C3】:65W+20W
【C1/C2+A】:65W+18W
【C3+A】:10.5W+10.5W
3ポート出力【C1+C2+C3】:45W+30W+20W
【C1/C2+C3+Aポート】65W+10.5W+10.5W
【C1+C2+A】:45W+30W+18W
4ポート出力45W+30W+10.5W+10.5W
入力: 100-240V~50/60Hz 最大1.8A
急速充電プロトコル(PD2.0) /QC4+(QC4.0\QC3.0\QC2.0)/
PPS規格/AFC/APPLE 5V2.4A/BC1.2
ケーブル長さ:2m
本体サイズ87.6*87.6*25mm
重さ285g

レビューでの詳しい製品情報は各記事をどうぞ

5. 最大100Wで4ポート装備:IDMIX PD 100W

充電用に4ポートは欲しい!というならIDMIX 100W出力タイプ。

USB-C3ポート、USB-A1ポートを装備してるので、多少機材が増えても大丈夫です。

2ポート接続までならメインポートは60W出力が確約されています(4ポートすべて使用なら最上段のUSB-Cポートは45W)

単ポート充電ならUSB-Cポートが最大100WなのでMacBook Pro 14インチもOK。

ボクは状況に応じて手軽さなら『Sonicharge 100W Pro』,持ち出し機材が多いなら『IDMIX 100W』、たまに出かける温泉宿には延長ケーブルありの『UGREENの100W USB充電器』を持っていきます。

IDMIX 100W USB充電器製品スペック

サイズ76×61.5×30 mm
重さ229g
出力:1ポート
すべて最大値
C1, C2=100W
C3=20W
A1=18W/SPC22.5W
出力:2ポートC1 60W+C2 45W
C2 45W+C3 20W
C1 60W+A1 18W/SPC22.5W
C2 45W+A1 18W/SPC22.5W
C3 10W+A1 18W/SPC22.5W
出力:3ポートC1 45W+C2 30W+C3 20W
C1 45W+C2 30W+A1 18W/SPC22.5W
C1 60W+C3 10W+A1 10W
C2 60W+C3 10W+A1 10W
出力:4ポートC1 45W+C2 30W+C3 10W+C4 10W
カラーブラック/レッド/ホワイト
付属品100W対応ケーブル

赤字は,ECサイトの製品説明と食い違う部分


レビューでの詳しい製品情報は各記事をどうぞ

6. Anker PowerPort III 2-Port 100W

こちらはAnkerの100W出力のUSB充電器。

USB-Cポートが2つのUSBチャージャーは多数発売されていますが,同時に充電したときにほとんどが45W+45Wという中途半端な充電能力になってしまいます。

持ち出す機材が少ないならこちら。

先に紹介したIDMIXもそうですが,同時充電は60W+40Wという振り分けになり,メインポートは高出力60Wが担保されています。

MacBook AirにもMacBook Pro 14インチにも使いやすい仕様です。

サイズ69×69×31 mm
重さ216g
入力100-240V 3A
出力
1ポート使用時
最大100W(※)
出力
2ポート使用時
上段:最大60W
下段:最大40W
PPS出力
1ポート使用時
最大80W
PPS出力
2ポート使用時
上段:48W
下段:32W

※100Wの出力には100W対応ケーブルが必要


7. Anker最新USB充電器『Anker 736 Charger (Nano II 100W)』

「Anker GaN ll」搭載モデルで最高出力:Anker独自技術「Anker GaN ll」を搭載したAnker Nano llシリーズ初の100W出力。

2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載。

軽量とまでは言えませんが,その分低発熱にこだわって作られています

製品にこだわりがなければ,価格の安いMATECH Sonicharge 100W Proでよいかも。

製品の仕様
  • サイズ:約 67 x 57 x 32 mm (※プラグ部を除く)
  • 重さ:約 206 g
  • 入力:100-240V~ 2.1A 50-60Hz
  • 最大出力:100W

8.バランスの取れたHyperJuice 100W USB充電器|USB-CとAポート(最大18W)が2つ

USB-C単ポートでの使用ならどちらを使っても最大100Wの出力。

USB-A対応,QC対応の機器を多く持っている方におすすめです。

ただし、発売から数年経っているので、IDMIX 100W USB充電器の方がコンパクト。

選ぶ理由としてはUSB-Aポートが2つ必要な方向け。

レビューでの詳しい製品情報もどうぞ

iPhoneにおすすめUSB充電器

毎日の通勤にはiPhoneのみ持参して出勤,という方も多いかと思います。

そんなみなさんにもってこいの20WクラスのUSB充電器。

iPhone12からは最大20Wの急速充電が可能になりました。(iPhone11までは最大18W)

そしてiPhone 13 Proは23w,Pro Maxは最大27Wの充電が可能に。

1.Anker Power Port III 25W

製品の仕様

  • サイズ:約 50 x 45 x 29 mm
  • 重さ:約 67g
  • 入力: 100-240V~ 1A 50-60Hz
  • 出力: 5.0V=3.0A /9.0V=2.8A (最大25W)
  • PPS出力: 3.3V-5.9V=3.0A (最大17.7W) / 3.3V-11.0V=2.25A (最大24.75W)

小さいながらプラグも折りたためて便利。

iPhone 12/13シリーズの急速充電も可能です。


2.Anker 521 Charger (Nano Pro) USB PD 40W

製品の仕様

  • サイズ:約 46 × 35 × 34 mm
  • 重さ:約 85 g
  • 入力:100-240V 1.0A 50-60Hz
  • 出力:USB-C出力: 5V=3A / 9V=3A / 15V=2.66A / 20V=2.0A / PPS:3.3V -16V 2.5A
  • 合計最大出力:40W
  • ※2ポート利用時は単ポート最大20W出力

単ポート40W,2つ同時で20W+20Wと使いやすい。

プラグが折り畳めないのが難点。

3.Anker PowerPort Atom III Slim (PD対応 30W USB-C 急速充電器) 

製品仕様

  • サイズ:約76 × 45 × 16 mm
  • 重量:約57g
  • 入力:100 – 240V〜1.2A 50 – 60Hz
  • 出力:5V=2.4A / 9V=3A / 15V=2A / 20V=1.5A

新しい充電器は続々登場していますが,やはり持ち運びには薄型が便利です。

価格は違いますが,同じスリム型なら,先に紹介したMATECH Sonicharge Flat 65Wのほうがコンパクト&高出力でおすすめ。

こちらは、かなり他機種と比べて比較的安価なので、購入しやすい。


2022年最注目! Anker Nano Pro & CIO NovaPort

1.Anker 521 Charger (Nano Pro) USB PD 40W

2ポート装備で85gと軽量で,MacBook Airも急速充電可能です。

同時充電でも20W✕2の高出力をキープ。

メーカー‎Anker
出力最大40W
2ポート利用時20W✕2
5V=3A / 9V=3A / 15V=2.66A / 20V=2.0A
PPS:3.3V -16V 2.5A
製品サイズ約46×35×34 mm
商品重量‎85 グラム

2.CIO NovaPort DUO PD 充電器 45W

窒化ガリウム採用の45Wタイプ

とにかくコンパクト,前述のAnker 521 Chargerより,6mm薄く7g軽い。

MacBook Airの充電ももちろんOK。

サイズ約45x36x28mm
重量約78g
入力100-240V 50-60Hz 0.55A
出力(USB-C1/C2)
1ポート 45W
5V⎓3A / 9V⎓3A / 12V⎓3A /
15V⎓3A / 20V⎓2.25A
(Max 45W) 3.3-11V⎓4.05A
出力(USB-C1+C2)
2ポート 20W✕2
5V⎓3A / 9V⎓2.22A /
12V⎓1.67A / 15V⎓1.33A /
20V⎓1A
(Total 40W) 3.3-11V⎓2A



DIGIFORCE for iPhone13 充電器 20W

  • ブランド名 ;DIGIFORCE
  • 商品名:DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger
  • 色:White / Black / Charcoal Grey / Olive Green / Navy Blue
  • AC入力:100-240V 40-50VA(100-240V) 0.6A 50/60Hz
  • AC入力:100-240V 40-50VA(100-240V) 0.6A 50/60Hz
  • DC出力:5.0V/3.0A , 9V/2.22A , 12V/1.67A PPS : 3.3V-11V/2A(最大出力20W)
  • 出力端子:USB Type – C
  • サイズ :約28×28×33mm
  • 重 さ :約35g

製品名にiPhone13と入ってますが,iPhoneだけでなくスマートフォン全般に使える超小型USB充電器。

Ankerの20Wとの違いは,プラグが折りたためること。カラバリも豊富です。

誰にでもおすすめできる充電器。

モバイルバッテリー機能付きUSB充電器

M1/M2 MacBook Airユーザーなら、ACプラグ付きモバイルバッテリーもおすすめです。

CIO SMART COBY Pro PLUG

最大30W出力の10,000mAh モバイルバッテリーでUSB充電器としても使えるタイプ。

30Wの高出力なので、MacBook Airなら問題なく充電可能。

USB-C単ポートなら30W出力ですが、USB-Aと同時なら30W+15W 合計45W出力。

かなり使いやすいモバイルバッテリーです。

荷物をひとつでも減らしたいと考えるならこちらもおすすめ。

SMART COBY Pro PLUGのレビュー記事はこちらです。


自分に合ったUSB急速充電器を見つけましょう!


USB充電器は,メーカーや対応製品によって様々なものが販売されています。

購入の際には自分のガジェットに必要な出力数とポート数を確認して選んでください。

大は小を兼ねますが必要以上に大きい出力のものを選ぶと。それだけ荷物が重くなります。

適切な出力とポート数を選びましょう。

以上、おすすめUSB充電器15選 MacBook Air/Pro M1もM2もUSB-CでPD対応急速充電器でした。

MacBook Pro 14インチに最適な100w充電器などアクセサリーまとめはこちらから

MacやiPhoneにおすすめUSB充電器

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次